2024-05

2024年5月25日(土)『第11回 BOOK DAY とやま』に出店します。

富山駅を会場にしたブックイベント『BOOK DAY とやま』に出店します。
(ON READINGは5月25日(土)のみ)

今年のブックデイも、北陸の古書店はもちろん、東海、関西などの県外の古書店が大集結!
新刊書店、リトルプレス、そしてレコード店もそろい、年に1度の本のお祭りの開催です!

『第11回 BOOK DAY とやま』
日時:2024年5月25日(土)26日(日)
時間:25日/10:00 – 18:00 26日/10:00 – 17:00
会場:富山駅構内南北自由通路
主催:BOOK DAY とやま実行委員会
共催:富山市、トヤマチミライ、富山県古書籍商組合
※入場無料

▼古本・新刊・リトルプレス
【香川】
古本YOMS (25日のみ)
【大阪】
SUS~くらしと本のみせ スウス~
LVDB BOOKS
【兵庫】
1003
【京都】
空き瓶books
古書ダンデライオン
開風社 待賢ブックセンター
余波舎 NAGORO BOOKS (25日のみ)
【愛知】
ON READING (25日のみ)
【三重】
古本屋ぽらん
【岐阜】
徒然舎
【滋賀】
半月舎
【長野】
じゃらん亭
【石川】
あうん堂
NYANCAFE-BOOKS
一誠堂能瀬書店
古本一刻館
オヨヨ書林
近八書房
髙橋麻帆書店
【富山】
キャロット
ブック・スピカ
書肆月影
古本ブックエンド
ひらすま書房
古本なるや
古書さいとう
デフォー
コメ書房
古本いるふ
スピニー
ピストン藤井(26日のみ)

▼レコード
TOKEI RECORDS

▼DJ
LOVEBUZZ

▼似顔絵
堀道広

【お問い合せ先】
BOOK DAY とやま実行委員会
富山県滑川市瀬羽町1890-1(古本いるふ内)
電話::076-456-7620 (12-18時 / 月・火曜休)
ウェブ:https://bookdaytoyama.net
インスタグラム:@bookdaytoyama

2024-05-16 | Posted in NewsComments Closed 

 

2024年6月9日(日)OKAZAKI BOOK FAIR at Okazaki Micro Hotel ANGLEに出店します。

岡崎のマイクロホテル、ANGLE4周年を記念して開催される、「OKAZAKI BOOK FAIR」に出店&トークイベント登壇します。
※ON READINGの出店は、6月9日(日)のみ


「OKAZAKI BOOK FAIR」では、地域を独自の視点で切り取り、発信する編集室や出版社による『トークイベント』と『ポップアップ販売』、街の皆さまに古本を出品していただき、本を通して街を知ってもらう『古本市』を開催します。
街の文化度を支える「本」を切り口に、地域と編集の意義や価値、編集的視点から見た岡崎の可能性、街に本屋がある意味などを考える日をつくります。入場無料(トークイベントのみチケット制)ですので、どなたさまもお気軽にお越しください。

「OKAZAKI BOOK FAIR」
開催日時:
6/8(土)11:00 – 22:00
6/9(日)11:00 – 17:00
会場:Okazaki Micro Hotel ANGLE(愛知県岡崎市籠田町21)

詳細・チケット申し込み:
プロフィールリンクから @microhotel.angle
ANGLE HP [NEWS] https://okazaki-angle.com/news/

2024-05-22 | Posted in NewsComments Closed 

 

『坂巻弓華 寓話集』原画展 光の詩人のおはなし

『坂巻弓華 寓話集』原画展 光の詩人のおはなし
2024年6月6日(木)~6月23日(日)

今年2月にBOOKNERDよりリリースされた『坂巻弓華寓話集』の原画展を開催します。

本書は、全国各地で個展を開催するなど、注目を集める画家・坂巻弓華による、寓話や散文、書き下ろしの掌編を挿絵とともに収録したユニークな寓話集。読んで、見て、愉しむ 、小さな宝物のような一冊です。

本展では、書籍のほか、会場限定のトートバッグやポストカードも販売いたします。どうぞお楽しみに。

坂巻弓華(さかまきゆか)
画家、童話作家。寅年の獅子座。猫飼いの熊好き。個展を中心に作品を発表。著書に童話『たんていくまたろう』とその続編『たんていくまたろうとちょうせんじょう』がある。
https://www.instagram.com/sakamakiyuka/

2024-05-17 | Posted in ExhibitionComments Closed 

 

mornquilt exhibition 『あたらしいキルト』

mornquilt exhibition 『あたらしいキルト』
2024年6月15日(土)~6月23日(日)

どこか感じる懐かしさの中に新しさが加わったパッチワークキルトを制作するmornquilt

大好評だった前回の展示に続き、2回目の開催となります。

独特な色や柄の組み合わせと、ひと針ひと針仕上げたハンドステッチがポイントです。
カラフルなキルトクッションをお部屋のワンポイントや記念日のギフトにいかがですか?

instagram: mornquilt

2024-05-16 | Posted in ExhibitionComments Closed 

 

【新入荷】IDEATITY / unpis

IDEATITY / unpis
ご購入はこちら→ https://artlabo.ocnk.net/product/9862

シンプルで洗練された描線と明快な色彩、ストーリーを感じさせるユニークでユーモアあふれる作風で知られ、様々なフィールドで活躍中のイラストレーター、unpisによる作品集。

作家特有のセンスで、日常の中でみつけた小さな驚きや発見を、グラフィカルなタッチで描いたユーモラスな一冊。

unpis (ウンピス)
福島県いわき市生まれ。広告、書籍、パッケージ、壁画などのイラストを中心に様々な分野で活動中。ニュートラルな線とかたち、少しウフフとなる表現を心がけています。

2024-05-16 | Posted in NewsComments Closed 

 

【新入荷】Dutch Landscape / José Quintanar

Dutch Landscape / José Quintanar
ご購入はこちら→ https://artlabo.ocnk.net/product/9845

スペインのニューエイジ/アンビエントレーベル『BALMAT』のアートワークでお馴染みの、オランダのロッテルダムを拠点とする注目のスペイン人アーティスト、José Quintanarによる作品集。

彼は制作において、あらかじめいくつかのシンプルなルールを設け、その設定の中でエクササイズのようにドローイングを行うことで知られているアーティスト。

オランダに移り住んだ彼は、16世紀から17世紀にかけての古典的な風景画や、スタンリー・ブルーンからヤン・ディベッツに至るオランダのコンセプチュアル・アートにおける風景の役割に深い関心を抱き、オランダの「風景」をモチーフにしながら、ゲーム・ドローイングの可能性を探る研究として展示を行い、すべて本のかたちの作品で発表してきた。

本書は、これまでに発表してきたいくつかの本(=作品)を一冊にまとめた作品集。

真っ白の表紙は、付属のステッカーで思い思いにカスタムできる仕様になっている。

2024-05-12 | Posted in NewsComments Closed 

 

【新入荷】第七の男 / ジョン・バージャー

第七の男 / ジョン・バージャー
ご購入はこちら→ https://artlabo.ocnk.net/product/9877

小説家であり、美術批評家、ジャーナリスト、詩人でもあった20世紀英国文学における孤高の”ストーリーテラー”こと、ジョン・バージャー(1926-2017)による、今から50年前に欧州の移民問題を扱い、新自由主義経済の暴力の核心に迫った伝説的「告発の書」が待望の初訳で刊行。翻訳は、金聖源、若林恵。

―――

移民問題は、アメリカをはじめ世界各国で今や最大とも言える政治課題となっている。移民労働者の増加は、雇用はもとより、国内の住宅、医療、教育、治安をめぐる社会制度を圧迫する。けれども移民労働なくして、わたしたちの経済はもはや回らない。議論はずっと平行線をたどる。そして、それはいまに始まった話ではない。移民問題の不正義を問うだけでなく、それを指摘し告発することの矛盾や困難と向き合った本が、いまからちょうど50年前に執筆されている。

英国の作家ジョン・バージャー(1926-2017)の『第七の男』(A Seventh Man)がそれだ。美術批評家でもあり、小説家でもあり、詩人でもあり、ジャーナリストでもあったバージャーは、当時すでに社会問題化していた欧州の移民問題を、新聞的な社会派ルポルタージュとも客観的な社会学的エッセイとも異なる独自のやり方で描き出した。文章と写真とを用いて移民問題の核心にある「不自由」へと迫った奇妙な「告発の書」は、半世紀を経たいま、いっそうのリアリティをもって読む者に迫る。

―――

最も政治的で、最も先鋭的で、
最も激しい告発をもって、
最も気高い人間性を証明する。
ジョン・バージャー。
私たちが最も長く愛する作家。

──キム・ソヨン
(詩人/『数学者の朝』『一文字の辞典』ほか)

ジョン・バージャーは、わたしが親密な繋がりを感じる作家のひとりです。
彼の作品は、美と政治の双方に深く関わっているからです。

──レベッカ・ソルニット
(作家・批評家/『ウォークス』『オーウェルの薔薇』ほか)

文章をもって世界の見方を
一変させてしまう作家は数少ない。
バージャーは、そのひとりだ。

──ジャーヴィス・コッカー
(音楽家)

バージャーの作品には、
愛と、芸術と、政治と歴史をめぐる洞察が
つねに折り重ねられている。

──アリ・スミス
(作家/『春・夏・秋・冬』4部作、『両方になる』ほか)

現代英文学において、
バージャーは比類なき存在だ。
ロレンス以降、わたしたちの感覚世界に
これほど配慮しながら、良心をめぐる重大事に
応答した作家はいない。

──スーザン・ソンタグ
(作家・批評家)

バージャーのおかげで、世界は住みよくなった。

──アルンダティ・ロイ
(作家/『小さきものたちの神』『帝国を壊すために』ほか)

2024-05-16 | Posted in NewsComments Closed