Past-Ex

『バウルを探して〈完全版〉』刊行記念 中川彰写真展 もうひとつの〈バウルを探して〉

 

『バウルを探して〈完全版〉』刊行記念 中川彰写真展 もうひとつの〈バウルを探して〉
2021年2月20日(土)~ 3月14日(日)

ノンフィクション作家・川内有緒による、第33回新田次郎文学賞受賞『バウルを探して』に、旅に同行した写真家、故・中川彰によるベンガルの写真をおよそ100ページにわたって収録した『バウルを探して〈完全版〉』(三輪舎)の刊行を記念して、写真展を開催します。

本展では、中川彰さんが生前暗室にこもって現像したオリジナルプリントを展示します。

バングラディシュの無形文化財に指定されている“バウルの歌”を聞いてみたい、そんな軽い気持ちでバングラディシュ行きを決めた著者は、宗教にもカーストにも属さず、その歌はグルから弟子への口伝のみで継承されていくという、謎めいた存在“バウル”を、人から人へと辿って追っていく。教えが暗号のように隠された歌は、何のために、数百年もの間、彼の地で歌い継がれているのか?バウルの哲学とは、バウルの歌とは一体何なのか?伝説のバウル、ラロン・フォキルとノーベル文学賞詩人タゴールとの関係性や、まだ記憶に新しい独立戦争の歴史など、次々とつながっていく物語-。

2021-02-04 | Posted in Past-ExComments Closed