Exhibition

『読点magazine、』プレゼンツ 本屋に行きたくなる企画展 : BOOKSTORE IN MY TOWN

 

『読点magazine、』プレゼンツ 本屋に行きたくなる企画展 : BOOKSTORE IN MY TOWN
2020年6月24日(水)~7月13日(月)

昨年11月に創刊した、本屋に行きたくなるフリーマガジン 『読点magazine、』による企画展です。

10名のクリエイターの皆さんに『読点magazine、』が考える街の本屋、そのまわりの風景をイメージしてイラストを描いてもらいました。本屋は毎日1軒以上のペースで廃業していて、2000年に2万軒以上あった本屋は2020年には半減すると言われています。情報(活字とも言えるけれど)にあふれ、インターネットでほとんど何でも買うことのできる今、本屋に行くルーティンがない人は多いかもしれません。けれど、「自分の知りたいこと」は検索できても、「自分が知りたいこと」までは検索できません。

本屋は、生きていくなかであらゆる選択肢を増やしてくれたり、知的好奇心を耕してくれたりする場所として必要な存在であると思います。

この展示を見て、「明日も本屋に寄っていこうかな」と思っていただけたら幸いです。

 

【企画者プロフィール】

古賀詩穂子
1992年、愛知県生まれ。出版取次・日本出版販売での勤務ののち、本屋をつくるチーム・エディトリアル・ジェットセットに転身し上京。地元・愛知で自ら本屋を経営するため今年5月にフリーとなり名古屋に戻る。2019年11月に本屋に行きたくなるフリーマガジン『読点magazine、』を刊行。
https://www.touten-magazine.com/

【参加クリエイタープロフィール】

伊藤敦志
グラフィックデザイナー。名古屋を拠点に美術館などの展覧会ポスターや企業・ショップ・イベントなどのグラフィックデザインを手がける。昨年、5年をかけて描き上げた初の漫画著書「大人になれば」を発表。土屋鞄製造所の2019年XmasキャンペーンイラストやMilK JAPON誌の特集イラストなども手がける。

IWAPPEN(岩井宏和)
堀江紡績(ホリボウ)所属。オリジナル刺繍ワッペンブランド「Iwappen」 を立ち上げる。「SILK ROAD SHOW」 映画を題材にしたシルクスクリーン、ワッペン作品を個展で発表。

熊木まりこ
イラストレーター。88年東京生まれ 武蔵野美術大学卒業。イラストレーション青山塾に通塾後、雑誌やWEB等様々な媒体で活躍中。のびのびとしていて気持ちの良い、風景や人物のイラストが得意。海外旅行とサウナが大好き。40か国以上に行ったことのあるトラベルラバー。
Web marikokumaki.com 、Instagram/Twitter @marikokumaki

コルシカ
1983年中野区生まれ。日本デザイナー学院グラフィックデザイン科卒業。美學校「絵と美と画と術」受講。商業イラストレーション、漫画の他、動画、アート等制作。自費出版で学習まんが「アフォーダンス」「記号とアブダクション」等を制作。

サヌキナオヤ
京都市生まれ。小説の装丁や書籍雑誌のイラストを手がけるほか、漫画執筆、アニメーション制作など。アートワークを担当するバンドHomecomingsと共に、映画と音楽のイベント「New Neighbors」を共催している。Homecomings福富優樹との共作漫画「CONFUSED!」が発売中。

高橋将貴
イラストレーター。1973年東京都生まれ。東京造形大学卒業(彫刻専攻)。SPA東京装画賞第1回・第2回入選。本の装画や挿絵の仕事がとても好き。愛読書は「ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ」(トム・ストッパード)など。

藤七海
福岡出身。デザイナー、イラストレーター、zineを作る人。デザイン、写真、イラスト、文章、編集全てを手がけるzineを不定期で発行しており、Tokyo Art Book FairやZINE SONIC、代官山蔦屋書店などで販売。旅行先では必ず本屋さんを探してしまうほどの本好き。

ヘロシナキャメラ
イラストレーター。1983年新潟生まれ、長岡造形大学視覚デザイン学科卒業。アクリル絵具やクレパスなどを使用し、楽しくて切ない絵を好んで描く。国内各所での個展開催 広告、web、雑誌、書籍、壁画、CDジャケットなど様々な媒体で活動中。

ヨコイエミ
漫画家・イラストレーター。愛知県名古屋市在住。愛知県立芸術大学デザイン科卒業。小学館 月刊プチフラワー(現フラワーズ)より「わたなべえみ」で漫画家デビュー。その後「ヨコイエミ」として漫画雑誌・広告方面で活動中。著書 :「パズル」全3巻 (小学館)「カフェでカフィを」1・2・3巻〜(集英社クリエイティブ)好物 : 香物(特に珈琲、檸檬、茗荷、茉莉花)・鰯・鉛筆と紙・サウナ

WASHIO TOMOYUKI
独学で絵画を学び、イラストレーション、グラフィックデザイン、アニメーション、写真、オリジナルモチーフの「手君(TEKUN)」を用いた立体物やファッション、屋内外での壁画など、メディアや手法を限定せず多彩な作品を制作。音楽やストリートカルチャーに精通し、日常から地続きの世界を遊び心ある筆致で描いている。主な展覧会に「粟津潔、マクリヒロゲル 1『美術が野を走る:粟津潔とパフォーマンス』」金沢21世紀美術館、石川「Very Addictive Re-Extension of Aesthetics in Daily Life」銀川当代美術館、銀川(中国)「あいちトリエンナーレ 2019 情の時代 Taming Y/Our Passion」など。
http://thisworld.jp/

 

 

2020-06-04 | Posted in ExhibitionComments Closed 

 

vent de moe new fans exhibition 『明日のブーケ』

vent de moe new fans exhibition 『明日のブーケ』
2020年7月9日(木)~7月13日(月)

扇子をはじめとするvent de moeのアートワークの息づかいを感じられる商品を発表します。
この夏に向けた手紙のような、ブーケのような扇子や小物たち。

ぜひご来店ください。

光や匂い、きらめきや陰影も、
喜びや悲しみ、
野の花も、道端の小石も
誰かの考え、私の思考、
戯曲や詩、ウソの話や散文も、
ひと纏めにしたブーケのような扇子を作りたい、
この思いをもとに新作を発表致します。
未来を歩く、私たちの花束でありたいと願っています。

instagram: @vent.de.moe

vent de moe / 小 林 萌
ヴァン・ドゥ・モエ
自由でコンテンポラリーな扇子屋
アートワーク、挿絵なども手掛けます

 

 

2020-06-04 | Posted in ExhibitionComments Closed 

 

ナガノチサト個展『きょうのできごと』

 

ナガノチサト個展『きょうのできごと』
2020年7月18日(土)~8月3日(月)

 

忘れてしまえなかったあの日々は
深く重なる層になり
強くしなやかな大地が育つ
降り注がれている光に気づくほど
わたしは豊かな森になる

重なって 離れて また重なって
いくつもの季節を越えて咲いた花々を
小さな声で届けていきたい
よく晴れた日に思った きょうのできごと

ナガノチサト
雑誌の挿絵や装画、WEB、パッケージやフライヤー、アパレルブランドとのコラボ商品のデザインなどでイラストを展開。
近年では、商業施設のイメージビジュアルなど幅広く活動中。
HP:www.von3.com
Instagram:@chisato_nagano

 

2020-06-13 | Posted in ExhibitionComments Closed 

 

【延期のお知らせ】Coci la elle exhibition “ひらく”

 

Coci la elle exhibition “ひらく”
2020年4月29日(土)~ 5月17日(日)

新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響のため、延期させていただくことになりました。
新たな日程が決まり次第、改めてアナウンスいたします。

 

コシラエルの展示会を開催します。
一点ものやオリジナルプリントの傘、日傘、ハンカチなどコシラエルのアイテムをずらりと展示販売いたします。

SPECIAL TALK : 一之瀬ちひろ×ひがしちか(コシラエル)
2020年4月29日(土)
時間:OPEN 18:30  START 19:00 ~
入場料:1,500円(ON READINGお買い物券500円分付)
ひがしちか(Coci la elle) × 一之瀬ちひろ(写真家)
ご予約・詳細:http://onreading.jp/exhibition/chihiro/

※コロナウイルス感染拡大防止のため、延期とさせていただきます。

Coci la elle www.cocilaelle.com
2010年に主宰のひがしちかが、1点物の手作りの日傘屋としてスタート。 1本づつ手描きの日傘から、オリジナルプリントの雨傘やスカーフをはじめ、小物なども制作。ブランド名の由来は、手仕事への敬意を込めたニュアンスをもつ日本語『拵える』。独特の色彩感の絵柄を尽きることなく生みだし続ける。ユーモアを織り交ぜた斬新な表現を傘に乗せて、手にする人、目にする人の日常を彩りたい。そのコミュニケーションが豊かであるように、手を尽くし心を尽くし、丹精してものづくりに取り組んでいます。 東京、神戸に店舗を構えています。

2020-03-20 | Posted in ExhibitionComments Closed 

 

【延期のお知らせ】一之瀬ちひろ 『きみのせかいをつつむひかり(あるいは国家)について』展

 

一之瀬ちひろ『きみのせかいをつつむひかり(あるいは国家)について』展
2020年4月29日(土)~ 5月10日(日)

新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響のため、延期させていただくことになりました。
新たな日程が決まり次第、改めてアナウンスいたします。

 

一之瀬ちひろによる私家版写真集『きみのせかいをつつむひかり(あるいは国家)について』の刊行を記念して、トークイベントと小展示を開催します。

SPECIAL TALK : 一之瀬ちひろ×ひがしちか(コシラエル)
2020年4月29日(土)
時間:OPEN 18:30  START 19:00 ~
入場料:1,500円(ON READINGお買い物券500円分付)
ご予約:下記フォームよりお申し込みください。

私家版写真集
『きみのせかいをつつむひかり(あるいは国家)について』 6,500yen+tax
https://artlabo.ocnk.net/product/6975

2019年12月、私家版『きみのせかいをつつむひかり(あるいは国家)について』を出版しました。このシリーズは、前作『日常と憲法』(2016)の主題を引き継ぎながら個人的な思考へと遠くまわり道をして考え続けた過程をまとめたものです。
私が本作で試みたことのひとつは、日常の中に光の粒子のように拡がるある種の知覚をすくいとろうとすることでした。ほとんどの場合私たちは、自分自身の周囲を包み込んでいる光を意識することはありませんが、写真はそれを意識化してくれるように思います。同じように写真を使って、ふだんは意識にのぼってこないとらえがたいものを知覚できるものとしてあらわすことができるのでは、と考えたのです。
もう一つの試みは、この作品を通じて私たちの生が大きな歴史へと収束されていくことへのささやかな抵抗を表明することでした。私たちの生はみな公的で国家的な歴史を構成する部分ではありますが、それぞれの毎日は壊れやすく混乱していてしばしば対立的でもあって、私たちの物語が公にされたときには失われてしまうような小さな細部や経験に満ちています。
そこで私は本作の制作をつうじて、一方では私的な日常生活をてらす光をとらえることを目指し、また同時に小さな個人的経験を保護することを目指しました。
(_一之瀬ちひろ)

一之瀬ちひろ プロフィール
写真家。1975年東京都武蔵野市生まれ。とりとめのない経験や感覚を作品の中におきなおすことを試みています。主な個展に「きみのせかいをつつむひかり(あるいは国家)について」(2019年、ニコンギャラリー銀座・大阪)、「光のトレイス」(2016年、京都国際写真祭KYOTOGRAPHE)など。グループ展に「みえるもののむこう」(2019年、神奈川県立近代美術館葉山)、「New Japanese Photographer」(2015年、IMA Gallery)など。2014年「KITSILANO」でJAPAN PHOTO AWARD 受賞。東京大学大学院総合文化研究科博士課程在籍。表象文化研究。主な研究対象はジョナス・メカス。

※コロナウイルス感染拡大防止のため、延期とさせていただきます。

 

2020-03-20 | Posted in Event, ExhibitionComments Closed