News/New In

2017年、夏季休業のお知らせ

 

2017年8月22日(火)~8月25日(金)の期間、夏季休業とさせていただきます。

ご迷惑をお掛け致しますが、よろしくお願いいたします。

2017-08-05 | Posted in News/New InComments Closed 

 

ダレオド / 中川正子

『ダレオド / 中川正子』
ご購入はこちら→ http://artlabo.ocnk.net/product/5794

初版限定1000部
L判オリジナルプリント付

写真展を定期的に行い、雑誌、広告 、アーティスト写真、書籍など多ジャンルで活動中の写真家、中川正子による写真集。

写真家がみずからの意思で選びとった、日々の中にたしかに存在する小さくも美しい光、そして光に類するものを集めた1冊。

【STATEMENT】

「誰も見ていないみたいに、踊って」

どこかの牧師が書いたそんな言葉を以前、アメリカのスーパーで見かけた。
その一文は心のどこかにすっと、静かに沈み、美しい景色となってずっと、わたしの中に存在しました。夢中で踊る誰かの姿とともに、いつしか、「踊る」という動詞は、わたしにとって、生き生きと生きることの、象徴になりました。

わたしは、ひかりを集めたい。
戦い争い傷つけ合うこと。不安や恐怖や絶望。
それらに抗う代わりに、わたしはひかりを粛々と集めたい。
わたしの、あなたの、彼らの、生きる日々にこぼれる、ひかり。
はかなく、強く、おだやかに、鋭く。
それらを余すところなく拾い、積み上げることは、わたしにとって、強い祈りのようなものです。歌が作れないから、歌の代わりに。踊るみたいに。

拾い集めたひかりの粒はやがて、わたしの手を遠く離れ、それぞれが呼応し合って、明るさを増してゆく。ひかりに包まれたひとびとは、抱き合って許し合い、恐れは消えてゆく。そこは、助け合い、分け合い、愛し合うひとびとの世界。そこからもう、焦点を離さない。そう、決めました。

ね、誰も見てないみたいに、踊って。

   

2017-07-12 | Posted in News/New InComments Closed 

 

MOTEL / 柏田テツヲ

MOTEL / 柏田テツヲ
ご購入はこちら→ http://artlabo.ocnk.net/product/5797

限定300部

雑誌、広告を中心にポートレートや異国でのランドスケープ写真を多数手がける気鋭のフォトグラファー、柏田テツヲによる写真集。

アメリカを旅するドキュメンタリー映画に影響を受け、旅と写真を始めたという写真家にとって、19歳で初めて旅したアメリカでのモーテルでの経験は、どこか映画を観ているような感覚だったといいます。

薄暗い部屋、暗闇に浮かぶネオン、それぞれのドラマを抱えた人々。モーテルでのワンシーンを撮りためた本作からは、アメリカという国の風土、社会が垣間見えます。

 

2017-07-10 | Posted in News/New InComments Closed 

 

写真家・中川正子 『ダレオド』 トークイベント&販売会

写真家・中川正子 『ダレオド』 トークイベント & 販売会
2017年7月9日(日)

写真展を定期的に行い、雑誌、広告 、アーティスト写真、書籍など多ジャンルで活動中の写真家、中川正子による写真集『ダレオド』の刊行を記念して、トークイベントと販売会を開催します。
※当日、写真集をご購入の方には、L判プリントをプレゼントします。(会場限定)

写真集『ダレオド』販売会
時間 : 12:30~14:00、 16:00~
ご予約不要
写真集『ダレオド』 3,900 JPY | 216mm×302mm | 64P |発行Pilgrim

『ダレオド』トークイベント
時間: 14:00~
料金:  1,500円(お買物券500円分・ダレオドオリジナルポスター付き)
定員: 30名
ご予約 : 下記フォームよりお申し込みください。 ※定員に達しました。
ゲスト: 中川正子、小笠原哲也(BOOK MARÜTE|Pilgrim)
今年4月に最新作「ダレオド」を発表したばかりの写真家・中川正子さんと、この写真集の発行元(Pilgrim)代表であり、香川にて“BOOK MARUTE”を営む小笠原哲也さんをお招きしてトークイベントを開催します。この写真集への想いや、これからの写真集のつくり方、届け方などについて語っていただきます。

自身の出産と大震災という体験を経て、目に映る世界を切り取った写真集『新世界』、岡山で暮らすようになって出会ったひとびとの景色を紡いだ『IMMIGRANTS』。その先に生まれた本作『ダレオド』の中に写されているのは、日々の中にたしかに存在する、さまざまな光です。まばゆい光、おだやかな光、そして、濃い闇の中に、ひっそりと確かに存在する光。これは、広く混沌とした世界から、中川がみずからの意思で選びとった、小さくも美しい光、そして光に類するものを集めた写真集です。

「誰もみていないみたいに、踊って」
あるとき見つけたこの言葉から、中川はひとつのイメージを育ててきました。それは、のびやかに生き生きと踊り、歌い、愛し、生きる人の姿。中川にとって、いつしかこの無心に「踊る」姿は、ある象徴として存在するようになりました。世界で何が起ころうとも、大きな力が押し寄せようとも、それらがつけ入る隙もないほどに、目の前にある確かな光に意識を集めそれを手放さない。そんな生き方の、象徴として。写真集の中には、日々にこぼれる光とともに、踊る人の姿が写し出されています。

写真家の中川が踊るように生きるために選んだ手段は、シャッターを切ることでした。そうして集めた光のひとつひとつは、はかなく微弱かもしれません。しかしそれぞれが集めた光の束はいつか世界を明るく照らして行く、という強い祈りにも似た願い、そして誓いが「ダレオド」という4 文字の言葉に集約されています。

「これは、ひとことで言うならわたしの平和活動です。」と中川は言います。本作は、抗えないと思えるような強大な力への「抵抗」ではなく、中川なりの「宣言」です。今回、これらの繊細な光の表現、そして闇の表情をあますところなく再現することに成功し、深みのある美しい1 冊が完成しました。

写真にただよう空気や熱、込められた願いを感じながら、ぜひ1 ページずつじっくりとお楽しみいただければ幸いです。

※定員に達しました。

尚、お客様都合でのキャンセルの際は、必ずご連絡ください。
※下記、キャンセル規約に基づき、キャンセル料が発生しますのでご了承ください。
イベント当日より8日以上前のキャンセル…無料
イベント当日より7日~前日のキャンセル…入場料の50%
イベント当日/無断キャンセル…入場料の100%

 


中川正子 Masako Nakagawa
1973年横浜生まれ。1995年、津田塾大学英文学科在学中にCalifornia state university,Haywardに留学。写真と出会う。自然な表情をとらえたポートレート、光る日々のスライス、美しいランドスケープを得意とする。写真展を定期的に行い、雑誌、広告 、アーティスト写真、書籍など多ジャンルで活動中。2011年3月に岡山に拠点を移す。現在、岡山を拠点に全国、海外を移動する日々。 著作に、自身の出産と震災後の世界を描いた写真集『新世界』(PLANCTON)、東日本大震災の後に岡山へ移住した人々の暮らしをモチーフにした物語『IMMIGRANTS』(Octavus)、2017年春、最新写真集『ダレオド』(Pilgrim)刊行。他に『旅の響き』(宮沢和史氏と共著、河出書房新社)『通学路』(PLANCTON) など。

小笠原哲也 Tetsuya Ogasawara
1972年香川県高松市生まれ。高校卒業後、渡米。アメリカで古着や古道具を仕入れ日本に送る仕事を友人達と起業。1995年高松で古着屋を開業。これを機に、日本と海外の古い物を輸出入する事をベースに、世界各地で仕事をするようになる。2001年、北浜アリーに拠点を移し「古道具MARÜTE」「BOOK MARÜTE」「MARÜTE GALLERY」を運営、2016年には近くに「ゲストハウスまどか」開業、台湾にも「緑光+marute」をオープン。2017年、出版レーベル「Pilgrim」を立ち上げる。

 

2017-06-19 | Posted in Event, News/New InComments Closed 

 

酔いながら考える / 滝口悠生、川島小鳥、 辻本力、九龍ジョー、後藤繁雄ほか

酔いながら考える / 滝口悠生、川島小鳥、 辻本力、九龍ジョー、後藤繁雄ほか
ご購入はこちら→ http://artlabo.ocnk.net/product/5693

「ワクワクしながら生きるコツ」をテーマにしたリトルプレス『歩きながら考える』の別冊としてリリースされた、『酔いながら考える』をテーマに「酔い」を巡る寄稿エッセイと、文学(古典)からの引用で構成した、ちょっと無頼なコラム誌。

寄稿者:滝口悠生氏(作家)、川島小鳥氏(写真撮り下ろし)、辻本力氏(ライター)、九龍ジョー氏(ライター)、山下陽光氏、立川こはる氏(落語家)、後藤繁雄氏(編集者)、月永理恵氏(「映画横丁」編集)、菅野康晴氏(「工芸青花」編集)ほか

 

2017-06-05 | Posted in News/New InComments Closed 

 

のんべえ春秋 5号 どこでもビール号

のんべえ春秋 5号 どこでもビール号
ご購入はこちら→ http://artlabo.ocnk.net/product/5746

文筆家・木村衣有子さんが編集する、のんべえによるのんべえのためのリトルプレス「のんべえ春秋」。

今号は「ビール」がテーマ。

北海道帯広でビールづくりをしている醸造エンジニア・十河文英さんを取材し、料理と合うビールへのこだわりを尋ね、福岡大牟田最古のビアガーデン「博多屋」を訪れ、創業者の孫で陶芸家でもある福田るいさんの器とともに紹介。そのほか、これまでのツイートからレシピを拾いだした「my tweet recipe」や、雑誌「dancyu」で書いた「いい店ってなんだ?」の記事を再考するエッセイも収録。

2017-06-05 | Posted in News/New InComments Closed 

 

志賀理江子 写真集 『Blind Date』

志賀理江子 写真集 『Blind Date』
ご購入はこちら→ http://artlabo.ocnk.net/product/5753

写真表現としての圧倒的な力を見せつけ多方面で話題となった『螺旋海岸』以来、4年ぶりの作品集となる写真家・志賀理江子による最新作品集『ブラインドデート』。

2009年にタイのバンコクで、バイクの二人乗りで疾走する恋人たちを撮影したシリーズ。

志賀はバイクが行き交う街中で、バイクの後部座席に座っている人たち 、何百何千人と眼差しを交わした。その不思議な見つめ合いの感覚に素手で触れぬまま近づくことのできる最適な道具が志賀にとってはカメラだった。

見知らぬ他者と視線を交わし続ける、目と目が触れることは、志賀の身体に潜む生物としての勘を取り戻すようだった。そして性的などこかに触れるようだった。

「目」はどこまで私たちを支配しているのだろうか。

“目が見えぬ、らしいのです。
それは私の知らない前世に関係するでしょうか。
本当のことを知りたくて、大学に行き、世界中の様々な宗教について学びました。
それらは生死について実に様々なことを述べています。でも、その全てに違和感を感じました。
私には当てはまらない気がするのです。”

ー テキスト「ブラインドデート」より

2017-06-03 | Posted in News/New InComments Closed 

 

Transumanza / Stefano Carnelli


Transumanza / Stefano Carnelli
ご購入はこちら→ http://artlabo.ocnk.net/product/5731

イタリア人フォトグラファー、Stefano Carnelliによる写真集。

TRANSUMANZA(トランスマンツァ)とは、イタリア北西部のロンバルディア州で古くから行われている、羊を季節に応じて大移動させる伝統行事のこと。

60人の羊飼いたちは、春になると平地から山に、また秋には平地に1000頭以上の羊たちを移牧させながら飼育しています。現在は、ムスリム移民コミュニティからの羊の肉に対する需要の高まりによって羊の頭数は増すばかり。羊たちが通過するのは都市化された地域で、羊の群れと背景が生み出すミスマッチは、周縁地域の遊牧民共同体と都市地区の摩擦を示唆しています。

2017-05-19 | Posted in News/New InComments Closed 

 

5月の営業日・休業日についてのお知らせ

【5月の営業日・休業日についてのお知らせ】

GWは張り切って通常営業します。
5月2日(火)は、定休日ですが臨時営業いたします。
5月7日(日)は、かくたみほさんのトークイベントのため、通常営業は17時までとなります。

5月13日(土)、14日(日)は、愛知県のラグーナビーチ(蒲郡)にて開催されるイベント『森、道、市場2017』に出店します。出店エリアは「CIRCLE STAGE」周辺の『LIVERARY』エリアです。
会場でお会いしましょう!

尚、5月10日(水)と5月15日(月)は臨時休業とさせていただきます。

2017-04-30 | Posted in News/New InComments Closed 

 

深瀬昌久 写真集 『鴉 / RAVENS』 

『鴉 | RAVENS / 深瀬昌久 Masahisa Fukase』
ご購入はこちら→ http://artlabo.ocnk.net/product/5665

日本人写真家、深瀬昌久の作品集。

写真という媒体の歴史の中で最も重要な写真集の一つとしていつの時代にも高く評価されてきた写真家・深瀬昌久の『鴉』は、1986年に初版が刊行され、その後、2度復刻されているが、いずれも限定部数での発行だったこともあり、直ちに完売となっている。

今回の復刻版では、初版のレイアウトやデザインを踏襲しつつ、新たに深瀬昌久アーカイブスのトモ・コスガによるテキストを収録。近年、トモ・コスガによって発見された深瀬の未発表作品やドローイングを多数引用しながら、知られざる深瀬昌久の作品と人生の交差を読み解く。記憶に残る名作である本シリーズは、深瀬が妻との別離を起因とした悲しみに暮れながら故郷に向かった旅を出発点とし、1976年から1986年にかけて撮影された。北海道の海岸沿いの景色を背景に、深瀬はどこか寂寥の気配を漂わせる鴉の群れを幽玄な写真に収めている。

深瀬昌久の作品『鴉』は、オリジナル版写真集の発刊から三十余年が経った現在、写真史における決定的な作品群のひとつに数えられると同時に、写真集の分野においても最高峰と評されている。しかし賞賛の数々と時の経過によって覆い隠され、置き去りになっていることがある。それは、深瀬がなぜ鴉というモチーフに執着したのか、という根本的な疑問を説明づける興味深い事実の断片だ。この鴉というモチーフは、彼が生涯を通して耐え続けた実存的苦悩と寂寥を反映したものであるというだけでなく、芸術の名の下において鴉に自身を重ね合わせることで寂寥を増幅させ、果てには狂気に満ちた芸術的表現へと陥らせるものであった。1992年、深瀬は行きつけのバーの階段から転落する。この後遺症によって自らの意識を彷徨わせることとなり、医学的に見ても孤立した状態を以後二十年間にわたって続けた。深瀬は自らが手にしたカメラによって囚われた一羽の鴉となり、その最も代表的な写真集の表紙に宿ることで不滅の存在となったのだ。- トモ・コスガ(収録エッセイ「孤独の叫び」より抜粋)

2017-04-09 | Posted in News/New InComments Closed 

 

臨時休業のお知らせ:2017/3/30~4/4

2017年3月30日(木)~4月4日(火)の期間、誠に勝手ながら臨時休業とさせていただきます。

台湾の台北で開催されるアートブックフェア、Culture & Art Book Fair in Taipei に『ON READING /  ELVIS PRESS』として出展します。

Culture & Art Book Fair in Taipei
2017.4.1.sat – 4.2.sun
[時間]4/1 11:00〜20:00/4/2 11:00〜18:00
[会場]華山1914文化創意産業園区 Huashan1914 Creative Park http://www.huashan1914.com/
https://www.facebook.com/events/404256039929339/

2017-03-20 | Posted in News/New InComments Closed 

 

小川奈緒・小池高弘『心地よさのありか』刊行記念フェア 「心地よい文章、心地よい絵」
-原画展&トークイベント&ブックセレクション-

 

小川奈緒・小池高弘『心地よさのありか』刊行記念フェア
「心地よい文章、心地よい絵」-原画展&トークイベント&ブックセレクション-

2017年4月5日(水)~4月23日(日)

みんなが求める「心地よい暮らし」。でも「心地よさ」っていったいなんだろう? そんな思いで見つめ直した日々の暮らし、働き方、家事、おしゃれのこと。文筆家・小川奈緒のエッセイと、イラストレーター・小池高弘の挿画による共著『心地よさのありか』(パイ インターナショナル)が刊行されました。

出版を記念して、本に収録されたイラストの原画展示、著者がこれまでに発表した書籍作品やグッズの販売、「心地よい文章」「心地よい絵」というテーマでふたりが選んだ本を並べるフェアを開催します。フェア最終日の日曜日にはトークイベントも行います。

 

『心地よさのありか』刊行記念トークイベント
「心地よい本について語ろう」

日時:2017年4月23日(日) 11:00~
料金:1,000円(お買い物券500円付き)
定員:20名(要予約)
予約:下記フォームよりお申し込みください。 ※キャンセルが出たため追加募集します。

いま、みんなが求める「心地よさ」というキーワード。この言葉をテーマにかかげた新刊を発表したばかりの小川奈緒と小池高弘が、どんな体験に背中を押され、どんなものを目指してこの本をつくったか、新作の裏側にあるストーリーを語ります。日曜日の朝、新しい本からこれまでの作品、愛読書にまで話を広げながら、本の心地よさそのものを見つめ直す時間にしたいと思います。

小川奈緒
1972年、東京都生まれ。出版社勤務を経てフリーの編集者に。著書に 『家がおしえてくれること』(KADOKAWA)、『おしゃれと人生。』 (筑摩書房)、 小池高弘との夫婦作品集に『Table Talk』 『sketch 1、2』がある。 日常にひそむ大切なことを綴るエッセイ、 芯のある生き方と暮らしを見つめたインタビューなど、 近年は本の著作活動に力を注いでいる 。

小池高弘
1970年、愛知県生まれ。幼いころから絵を描くこと、文章を書くことが好きだったが、大学卒業後は出版社や広告制作会社の社員、カフェの調理人、フリーライターと興味のある仕事を経験。小川と結婚後、イラストレーターとしての活動を開始し、ふたりで運営するサイト「Table Talk」や個展でイラストを発表。独特のあたたかさをもつ線画が人気に。地元である名古屋でのイベント開催は、今回が初めてとなる。
http://tabletalk.cc

お名前 (必須)

フリガナ (必須)

メールアドレス (必須)
※迷惑メール設定にご注意ください。お申し込み時に自動配信メールが届きます。(info@elvispress.jp)

電話番号 (必須)

人数(必須)

第1希望日時(必須)

第2希望日時(必須)

備考

尚、お客様都合でのキャンセルの際は、必ずご連絡ください。
※下記、キャンセル規約に基づき、キャンセル料が発生しますのでご了承ください。
イベント当日より8日以上前のキャンセル…無料
イベント当日より7日~前日のキャンセル…入場料の50%
イベント当日/無断キャンセル…入場料の100%

2017-03-09 | Posted in Event, News/New InComments Closed 

 

柳沢信 写真集 『Untitled』

『Untitled / 柳沢信 Shin Yanagisawa』
ご購入はこちら→ http://artlabo.ocnk.net/product/5634

限定1000部

1958年ミノルタのPR誌「ロッコール」に掲載された『題名のない青春』で華々しいデビューを飾った後、精力的にカメラ雑誌を中心に活躍した写真家、柳沢信の写真集。

柳沢はデビュー当時から一貫して「写真に言葉はいらない」と言い続けました。被写体、撮影者の感情、それらを言葉で説明する必要もないほどに見つめられ研ぎ澄まされた世界、それがまさしく写真ではないかと。

柳沢信の生前の個展数は4回(グループ展などの出展は除く)、写真集は3冊とその活動時間の割には極めて少数であります。周囲の流行などにとらわれず、自らのペースで眼球に写る世界をフィルムに刻んでいきました。70年代初期には当時カメラ毎日の編集長で天皇とまで呼ばれていた山岸章二からの写真集の出版要請を断ったというエピソードもあります。

1990年に出版された「柳沢信・写真」から17年の月日が経ちました。既に過去の写真集は絶版となり、今ではそれらに触れる機会がありません。柳沢が写した「写真」という言葉以上他にいいようもない圧倒的な世界が再びこの時代に甦ります。60年代から70年代の旅の写真を中心に大田通貫が編集しました。作品はもちろん印刷、装丁、一つの作品として堪能してください。2017年に生まれる歴史的な1冊です。

2017-03-17 | Posted in News/New InComments Closed 

 

グザヴィエ・ドラン監督作品『たかが世界の終わり』キャンペーンのお知らせ


© Shayne Laverdière, Sons of Manual

グザヴィエ・ドラン監督作品『たかが世界の終わり』キャンペーンのお知らせ

当店にて500円以上の購入時に、伏見ミリオン座での『たかが世界の終わり』映画鑑賞半券をご提示の方へ先着で30名様に映画グッズプレゼント!

[プレゼント内容]
・『たかが世界の終わり』マスコミ用プレス10名
・『たかが世界の終わり』グザヴィエ・ドラン メイキングフォトカード(3枚セット)20名

[実施期間]
映画公開日・2月11日(土)より、賞品なくなり次第終了

第69回カンヌ国際映画祭グランプリ受賞! 
グザヴィエ・ドラン監督待望の最新作!

『たかが世界の終わり』
公式HP: http://gaga.ne.jp/sekainoowari-xdolan/

〈愛と葛藤〉を描き続けたドランが、今度は〈家族〉をどう描くのか――?

世界のカルチャーシーンに閃光を放ち続ける美しき天才、グザヴィエ・ドラン。新作を発表するたびに観る者を驚喜させ、14年には『Mommy/マミー』でカンヌ国際映画祭審査員賞という栄冠も手に入れた。待望の最新作でドランが切り撮るのは、愛しているのに傷つけ合う〈ある家族の1日〉。うまく想いを伝えられないその姿は、まさにミスコミュニケーションに陥った現代の家族そのものだ。ドランの才能に引き寄せられて集まったのは、ギャスパー・ウリエル、レア・セドゥ、ヴァンサン・カッセル、マリオン・コティヤール、ナタリー・バイというフランスを代表する一流俳優陣。自らの死を家族に伝えるために、帰郷する人気作家。12年ぶりの再会を祝う感動的な団欒となったかもしれない。だが現実に彼を待っていたものはー。
彼らが全力でぶつけ合う感情──怒りも憎しみも悲しみも、そのすべてが愛だと気付く時、私たちは絶望の中にこそ希望があると知る。目覚しい進化を遂げたドランがたどり着いた答え、それはあなたを導く愛の物語。

監督・脚本:グザヴィエ・ドラン 原作:ジャン=リュック・ラガルス「まさに世界の終わり」
出演:ギャスパー・ウリエル、レア・セドゥ、マリオン・コティヤール、ヴァンサン・カッセル、ナタリー・バイ
配給:ギャガ
提供:ピクチャーズデプト、ギャガ、ポニーキャニオン、WOWOW、鈍牛倶楽部
後援:カナダ大使館、在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本
原題:/カナダ・フランス合作映画/99分/カラー/シネスコ/5.1chデジタル/字幕翻訳:原田りえ

上映劇場:伏見ミリオン座 名古屋市中区栄一丁目4-16
http://www.eigaya.com/theater/million/

ON READING
〒464-0807 名古屋市千種区東山通5-19 カメダビル2A
問:052-789-0855

2017-02-03 | Posted in News/New InComments Closed 

 

【参加者追加募集!】写真をもっともっと愉しむためのワークショップ『写ベリ場』。

SYABERIBA

写真家の江本典隆さんがファシリテーターを務める、写真をもっともっと愉しむためのワークショップ『写ベリ場』。第4期生の追加募集をします。

スマホや携帯、デジカメの普及やSNSでのコミュニケーションなど、写真を撮らない、目にしない日が無いくらい、周りは写真で溢れています。誰もが気軽に写真を撮れるようになった今、作品として語られる写真って、一体何が違うのでしょうか?

このワークショップでは、写真や写真以外のことについてゆっくりと考えを巡らせ、写真をもっと愉しむヒントや、世界を面白がる視点を、皆で共有できるような場所にしたいと思っています。


《ワークショップ募集にあたって》

カメラを手にする人はみんな、写真を撮るのが大好きです。(ぼくも大好きです)

でも、写真って撮るだけなんでしょうか?

例えば、撮ってきた写真を見る、誰かに見せる、なぜ撮ったのか考える、作品にまとめる、写真展をする。もちろん自分の写真だけではありません。ギャラリーに写真展を見に行く、写真集を見る、写真史を学ぶ、などなどなどなど。“撮る”の先には、頭がクラクラするほど広く、深い世界が広がっているはずです。

“写真ってなんだろう”

そんな果てしない疑問をみんなで一緒に考える場所を作りたいと思い、ON READINGのふたりと「写ベリ場」という会を始めることにしました。

この会では、写真の撮影テクニックやカメラの話はほとんどしません。毎回写真にまつわるいろんなテーマをいっしょに考え、本を読んだり、写真集を見たりします。そして各自が撮ってきた写真を持ち寄って、みんなで見ながら話し合います。

写真が好きでたまらない人、いつか写真展を開いてみたい人、そして、もっと写真のことを知りたい人。
いっしょに写真のことをしゃべりませんか。

江本典隆(えもと・のりたか)
1978年静岡生まれ。出版社で働きつつ、写真家・元田敬三氏に学び、写真活動を始める。 2014年、写真集「ロマンスカー」(書肆サイコロ刊)発売。 森岡書店・書肆サイコロ・ON READING・circle gallery他で個展開催。


《おおまかなキーワード、過去のテーマ》

・写真というメディアの特徴
・写真を撮ること、見ること、見せること
・インプットがなぜ必要か
・写真と言葉
・写真史にふれてみよう
・過去の名作を知るとわかること
・名作&最新写真集に触れる
・現在も写真史の一部
・“作品”ってなんだろう。
・“写真作品”と“作品じゃない写真”に違いはあるのか?
・撮った写真はいつ“作品”に?
・あなたの好きな写真家の作品の魅力について
・写真展(個展)を開くなら
・展示をするということ(個展とグループ展|額装を考える|さまざまなギャラリー)
・いつか写真集を作るなら

【募集要項】

開催日:
第一回:2017年3月25日(土)20:00~22:00
第二回:2017年4月22日(土)20:00~22:00
第三回:2017年5月27日(土)20:00~22:00
第四回:2017年6月24日(土)20:00~22:00
第五回:2017年7月22日(土)20:00~22:00

参加費:全5回 10,000円税込 (初回参加時にお支払いいただきます。)
※原則、お客様都合での途中キャンセルに対する返金は致しかねます。

対象:
写真作品の制作に興味がある方・写真にもっと深く関わりたい方
個展、写真集制作を目指す方
毎回自分が撮ってきた写真を持ってこれる方(枚数自由)
普段、写真を撮られていて、もう一歩先にいきたい方におすすめです。

募集人数:若干数(志望動機等で選考させていただきます。)

申込締切:2017年2月28日(火)

下記、申込みフォームよりお申込みください。

※募集受付を終了いたしました。

2017-02-12 | Posted in Event, News/New InComments Closed