Past

成重松樹+きくちゆみこ展『わたしがぜんぶ思い出してあげる/あなたがぜんぶ思い出してくれる』

narishige_TOP

成重松樹+きくちゆみこ展『わたしがぜんぶ思い出してあげる/あなたがぜんぶ思い出してくれる』
2016年2月17日(水)~2月29日(月)
作家在廊日:2月17日(水)・18日(木)

忘れること/思い出すこと 記憶のコインの裏側をめぐる 写真と言葉のちいさな展示

「ねえ、こういうとき、どうしたらいいのかなあ
親密さが損なわれたり、誰かと敵対してしまったり、よくわからない哀しみに
ぜんたい胸が苦しくなって、どこにいたって暗いとき
何かをすごくわかった気がして、でも何一つさわれない
天の果てまで、骨の奥まで、行ったり来たりを繰りかえす
そして息を、はあ、はあ、はあ、目を閉じて、目を開いて
たまに笑ってまた黙ったり、誰かと寝たり、一人でいたり
ねえ、この哀しみも、きっとすぐになくなっちゃうんだろう
この思いも、不安も、やるせなさも、いつの間にか忘れてしまうね
いつもと同じやり方で、いつもと同じ時間をかけて、少しずつここから無くなるね
いつもとぜんぜん変わらない
さびしさだけがそこに残り、哀しみはいつも忘れられる」

・・・

「ねえ、じゃあ、教えてほしいよ。忘れたあとには何が来るの?」


忘れたことを思い出す、物語るためのワーク・ショップ
2016年2月17日(水)19:30~21:00
料金:1000円(お茶・お菓子付)
講師:きくちゆみこ・成重 松樹
予約優先:下記フォームよりお申し込みください。  ※定員に達しましたので受付を終了いたしました。
定員:8名
持ち物:写真一枚と筆記用具
※写真は自分が撮ったものでも、自分が写っているものでも、とにかく自分とかかわりのある写真(人に見せてもOKなもの)。デジタル写真でもだいじょうぶですが、必ずプリントアウトしてきてください!

忘れたあとには何が来るの? 思い出すってどういうこと? 覚えているのとは何が違うの?

忘れること/思い出すこと、記憶のコインの裏側に焦点をあてた、写真と言葉のワークショップをします。用意するのは一枚の写真とペン一本。これまで生きてきた自分の記憶をまるまる使って、その場で何かを「思い出してみる」時間を持てたらいいなと思っています。ワークショップをするのはわたしも初めてなので、みんなでゆるやかに楽しめたらうれしいです!


成重松樹
目黒の不動前にて小さな美容室koko mänty (kissa)を営み、写真の制作を続けている。
http://mtk-ooma.tumblr.com/

きくちゆみこ
翻訳業をしつつ、言葉を使った作品制作・展示を行う。「嘘つきたちのための」文芸誌(unintended.) L I A R S 発行人。
http://www.yumikokikuchi.com/

mousikomi

 ※定員に達しましたので受付を終了いたしました。

尚、お客様都合でのキャンセルの際は、必ずご連絡ください。
※下記、キャンセル規約に基づき、キャンセル料が発生しますのでご了承ください。
イベント当日より8日以上前のキャンセル…無料
イベント当日より7日~前日のキャンセル…入場料の50%
イベント当日/無断キャンセル…入場料の100%

2016-01-11 | Posted in PastComments Closed