Exhibition

植本一子 写真展『降伏の記録』

植本一子 写真展『降伏の記録』
2018年2月10日(土)~2月26日(月)
at ON READING GALLERY

当店で3度目となる、写真家・植本一子による個展を開催します。

本展は、最新刊『降伏の記録』(河出書房新社)の出版を記念しての写真展です。「かなわない」「家族最後の日」「降伏の記録」と、自身が日々暮らしていく中で抱えた葛藤や迷い、不安、痛み、喜び、生きることすべてを、まっすぐな文章で綴ってきた彼女。その文章からは、生きていくことへの意味、豊かさを、改めて想起させられます。

本展では、末期癌の夫の繰り返される入退院、それをみつめる子どもたち、絶縁したままの母親との関係などを記録した「降伏の記録」に収録されている写真作品に加え、ここでしか見ることのできない約50点の作品を展示します。

また初日の2月10日(土)にはトークイベントも予定しています。
(※ご予約受付・詳細は近日中にアップします。)
※予定しておりましたトークイベント、在廊は都合により中止となりました。

【SPECIAL EVENT】「植本一子の写真と本をあじわう時間」
今回の展覧会では、書籍「降伏の記録」が書かれた時期に撮られた写真を展示しています。

本作は、日々の中でシャッターを押し、記した、写真と言葉で残された日々の記録です。本を読んで展示を見ると、書かれていたシーンが思い起こされ、展示を見てから本を読めば、会場でご覧いただいた写真が思い浮かぶことでしょう。植本作品にとって表裏一体である、写真と本をあわせて鑑賞できる機会は貴重なのでは、と思い至り、それを存分に味わっていただける時間をご用意することにいたしました。

「植本一子の写真と本を語る時間」
2018年2月22日(木)20:00~21:30
定員6名|参加費1000円(お飲み物つき)
要予約:下記フォームよりお申し込みください。 ※定員に達しました。

今回の展示ではご来場の方とたくさんお話をしています。夫婦、親子、恋人など、人とのかかわりの中で存在する「自分」について。そして、良くも悪くもついて回る「家族」について。植本さんの作品は、私たちが抱える普遍的な様々な問題を浮き彫りにしながら、そこに向き合うことをあきらめません。そんな彼女の姿が、私たちの心を打つのだと思います。

また、植本さんが日々の生活の中で捉えた、家族や友人たちの写真は、私たちの日々が小さな奇跡の集積で成り立っているんだということを静かに教えてくれているようでもあります。

植本さんの作品は、”赤裸々”と言われがちですが、当然ながら“書かないこと”があるそうです。だとすれば、ここに「書かれていること」とは何か。植本一子の著作を前に、私たちの前に置かれている問いとは何か。日々を記録して、生きていくということ。あたらしい家族の形とは。みなさんと一緒に考えていければと思っています。

※「かなわない」「家族最後の日」「降伏の記録」のうち、どれか1冊お読みいただいた上でご参加ください。

「植本一子の写真と本を読む時間」
2018年2月28日(水)14:00~15:30 | 19:30~21:00 
各回定員8名|参加費500円(お飲み物つき)
要予約:下記フォームよりお申し込みください。

植本さんにとって、表裏一体である「写真」と「日記」を同時に鑑賞する時間です。お席と、お飲み物をご用意いたします。なかなかできない体験をゆっくりとお楽しみください。

・書籍はご持参いただくか、当日店頭でご購入ください。(お取り置きも承りますので、ご予約時に備考欄にてお申し付けください。品切れの場合もありますのでお取り置きを推奨します。)
・各自が自由に本を読みながら写真をみる時間です。読書会とは異なりますのでご了承ください。
・基本的には「降伏の記録」をお読みいただくことをお勧めしますが、他の本がよければ他の作品をお持ちいただいても大丈夫です。

お名前 (必須)

フリガナ (必須)

メールアドレス (必須) ※迷惑メール設定にご注意ください。お申し込み時に自動配信メールが届きます。(info@elvispress.jp)

電話番号 (必須)

ご希望のイベント日時 (必須)

人数 (必須)

備考(書籍のお取り置き希望の場合は、こちらにご記入ください。)

尚、お客様都合でのキャンセルの際は、必ずご連絡ください。
※下記、キャンセル規約に基づき、キャンセル料が発生しますのでご了承ください。
イベント当日より8日以上前のキャンセル…無料
イベント当日より7日~前日のキャンセル…入場料の50%
イベント当日/無断キャンセル…入場料の100%


植本一子(うえもといちこ)
1984年広島県生まれ。2003年にキャノン写真新世紀で荒木経惟氏より受賞し写真家としてのキャリアをスタートさせる。広告、雑誌、CDジャケット、PV等幅広く活動。13年より自然光を使った写真館「天然スタジオ」を立ち上げ、一般家庭の記念撮影をライフワークとしている。著者に『働けECD―わたしの育児混沌記』、『かなわない』、『家族最後の日』、共著に『ホームシック―生活(2~3人分)』(ECDとの共著)がある。
http://ichikouemoto.com/


降伏の記録 / 植本一子
河出書房新社/1,944円(税込)
https://artlabo.ocnk.net/product/5949

2018-01-19 | Posted in ExhibitionComments Closed 

 

岩月ユキノ 個展『緑と生活』

岩月ユキノ 個展『緑と生活』
2018年2月21日(水)〜3月5日(月)
at ON READING

私は「日々の暮らし」というものをとても愛している。
家族の洗濯物を洗ったり、部屋をきれいに整えたり、
食べたいものを作ったり、庭の手入れをしたり…
そういう日常の細々としたことの一つひとつが私にはとてもいとおしく感じられるのだ。
そして美しいと思う。
それは芸術においても同じことで、私の思う「美」はいつも生活の中にあるのであって
生きることのリアリティを感じさせてくれるものこそが美だと思っている。
だから私は自分の畑で育った野菜の美しさを描きたいと思うし、
庭に干した洗濯物に日が当たって輝く様を描きたいのだと思う。
本当の「美」は日常から切り離された異空間にあるのではなく、生活の中にこそある。
それを表現したくて私は絵を描いている。
今回は、その中でも特に「植物」をキーワードに作品を選んで展示することにした。
単なる植物ではなく、あくまで「生活の中にある植物」だ。
私の胸を打ったささやかな美しさが、見に来て頂いた方にも届くよう願って。

岩月ユキノ
1998 金沢美術工芸大学視覚デザイン科卒業
1975 愛知県生まれ
主な個展歴
2017「みる2017」MEGUMI OGITA GALLERY/ 東京
2015「みる2015」Showcase MEGUMI OGITA GALLERY/ 東京
2014「みる2014」MEGUMI OGITA GALLERY/ 東京

2018-01-19 | Posted in ExhibitionComments Closed 

 

ナガノチサト個展 『生活の線-かさなり-』

 

ナガノチサト個展 『生活の線-かさなり-』
2018年3月3日(土)~3月18日(日)
at ON READING GALLERY

雑誌の挿絵や書籍の 装画、サカナクションへのイラスト提供など、現在様々な分野で活躍しているイラストレーター、 ナガノチサトによる個展を開催します。

毎朝同じ電車のあの人
向かい合うふたり 隣テーブル 沈黙が続く喫茶店
今日ここへ同じ時間に訪れたという偶然
別れがたいあのふたりはきっと離れて暮らしてる
ぽつぽつと光が灯る街 夜を知らせるサイン
離れた場所で起きていた事実 ただひたすらに祈ること
「ただいま」「おかえり」

気がつかないくらい自然に
生活は誰かと、見えない何かと かさなりあっている
離れたり 繋がったり 形を変えてもそれは確かに在る
私とあなたをつなぐ線

ナガノチサト
雑誌の挿絵を中心に、装画、WEB、パッケージや洋服のデザインなど幅広く活動中。主な仕事に、「CREA/文藝春秋」連載の挿絵、「ベリベリーグッド/松浦弥太郎」装画、WEBイラストとして「資生堂 花椿」「高島屋 未来研究所 F.I.N」などがある。
http://von3.com

2018-01-28 | Posted in ExhibitionComments Closed 

 

ホモ・サピエンスの道具研究会「いつもやっていること文化センター」を開設します。

ホモ・サピエンスの道具研究会「いつもやっていること文化センター」を開設します。
2018年3月8日(木)~ 3月21日(水祝)

このたび、ホモ・サピエンスの道具研究会は、3月8日から3月21日のあいだ、ON READINGの店舗内に文化センターを開設することになりました。

ON READINGの出版部門ELVIS PRESSより『世界をきちんとあじわうための本』を出版していただいてから、1年ちょっとが経ちました。本は、読んだら終わりという人もいるかと思いますが、世界をきちんとあじわうたのしみは、特にそれを終える理由がないものだったりします。ホモ・サピエンスの道具研究会は、この先も、あの本のことをたまに気にかけては、世界とのやりとりをたのしんでいる人たちと、どこかで関わりながら活動をつづけてゆきたいと考えています。

というわけで、ホモ・サピエンスの道具研究会は、ON READINGの空間をお借りして文化センターを開設することにしました。これまでON READINGでは展覧会やトークイベントをやらせてもらいましたが、それらはどれも見たり聞いたりするために来ていただくものでした。今回、開設します文化センターは、それらとはすこし違います。大事にしたいのは、イベントとして受け渡す関係ではなく、施設として使うことではじまる関係。なので、みなさん、ぜひ使うために来てください。見て終わり、聞いて終わりではないような、使うことでつづいてゆく文化施設をめざして、「いつもやっていること文化センター」をオープンしたいと思います。

【展示】ON READINGにいる、文化センターにいる
-いつもやっているやりとりのなかで、ちょっとだけかわる-
3月8日(木)- 3月21日(水祝)

いつもやっていること文化センターの開設中も、当然のことですが、ON READINGはいつもと何もかわらず通常の営業をしています。いつもとかわらぬ店舗で営まれる、いつもとかわらぬやりとり。そして、そのいつものことを扱う文化センター。今回の展示は、ON READINGの店舗内でおこなわれている「いつもやっていること」が前提となります。本屋さんなのだから、本を探して見てまわるのはあたりまえのことだけど、ON READINGに来てやっていることって、本当にそれだけのこと?

【説明会】いつもやっていること(文化センター)の使い方
3月10日(土)19:00 ~ 20:00
入場無料

本屋さんに行く時も、ホームセンターに行く時も、たいてい理由があって、そこで何をすべきかに悩んだりはしない。それに比べて、いつもやっていること文化センターは、どこにもまだない施設なので、何のために行くのかも、そこで何をしたらいいかもわからないはず。でも、ふるまいがまだ決まっていないことは、そこで新しい何かが生まれるかもしれないということでもあります。『世界をきちんとあじわうための本』が出てから1年が経ち、そして、今、いつもやっていること文化センターを開設するにあたって、この説明会では、集える場所があるということをきっかけとした、これからのことを話したいと思っています。まずは、それぞれの使い方を見つけるためにも、みなさん聞きに来てください。

【集い1】日々の暮らしをなぞるたのしみ(考え方と書き方)
3月11日から21日までの月・金曜日 14:00 ~ 14:30 と 水・木・日曜日18:00 ~ 18:30
定員6名|参加費500円 予約優先(下記フォームよりお申し込みください。)

いつもやっていることを、ただなぞってみる。それだけのことでもちょっとしたズレが生まれ、少しだけ宙に浮かべた感じになったりします。俯瞰して、何かがすっきり見えるようになるわけではないけれど、そうして生まれた落差が引っかかりになって、思いがけず、さきに進めたりもする。『生活と研究 -世界をきちんとあじわうために-』を手引としつつ、それらをたのしむ練習の時間にしたいと思います。いつもやっていることにどこか埋もれて、距離をとれなくなっている人は、ぜひ参加してみてください。

お名前 (必須)

フリガナ (必須)

メールアドレス (必須) ※迷惑メール設定にご注意ください。お申し込み時に自動配信メールが届きます。(info@elvispress.jp)

電話番号 (必須)

ご希望日時 (必須)

人数 (必須)

備考

【集い2】かたづけることを簡単にはかたづけない
3月18日(日)14:00 ~ 15:00
定員8名 | 参加費1,500円(お茶とお菓子付き) 要予約(下記フォームよりお申し込みください。)

いつもやっていることには、型があります。でも、型を身につけてしまうと、型があるのも忘れてしまう。いつもやっていることを、いつもやれるようにしている、いくつもの形式に注意を向けてみると、いつもやっていることの深みが、時々ですが、沁みだしてきたりもするものです。『箱にしまうこと 箱をしまうこと』を手掛かりにしながら、いつもやっていることの形式に、頭をかかえる時間にしたいと思います。いつもやっていることにどこか引っかかりを感じ、もやもやしてる人は、ぜひ参加してみてください。

お名前 (必須)

フリガナ (必須)

メールアドレス (必須) ※迷惑メール設定にご注意ください。お申し込み時に自動配信メールが届きます。(info@elvispress.jp)

電話番号 (必須)

人数 (必須)

備考

【集い3】夜の文化センター
3月12日(月)19:30 ~ 21:30 、 3月16日(金)19:30 ~ 21:30
定員6名 | 参加費2,000円(ドリンク付き) 要予約(下記フォームよりお申し込みください。)

明るいうちは仕事や学校があって、なかなか来れない人のために、夜の文化センターを12日と16日の夜にだけ特別に開設します。文化センターを開設した目的のひとつは、いろいろな利用者が集える場所を準備することでもありました。集うことで、生まれるかもしれない新しい何か。いつもは、ふわっと文脈を抜きにすべての人に関わりのありそうなテーマを扱うホモ・サピエンスの道具研究会ですが、夜の文化センターでは、それとは反対に、集まってくださったみなさんの個別の文脈を大事にしながら、ゆったりと、いろんな可能性を含んだお話ができたらいいなと思っています。すでにある何かをこんなふうに使ってみたいといつも悩んでるような人は、ぜひ参加してみてください。

お名前 (必須)

フリガナ (必須)

メールアドレス (必須) ※迷惑メール設定にご注意ください。お申し込み時に自動配信メールが届きます。(info@elvispress.jp)

電話番号 (必須)

ご希望日時 (必須)

人数 (必須)

備考

 

尚、お客様都合でのキャンセルの際は、必ずご連絡ください。
※下記、キャンセル規約に基づき、キャンセル料が発生しますのでご了承ください。
イベント当日より8日以上前のキャンセル…無料
イベント当日より7日~前日のキャンセル…入場料の50%
イベント当日/無断キャンセル…入場料の100%

 

ホモ・サピエンスの道具研究会
生活とともにある「研究」のあたらしいあり方を探るなかで生まれた、人類学者を中心メンバーとするリサーチ・グループ。今回の企画は、山崎剛・木田歩・坂井信三が設計を担当。
http://twitter.com/sapiensneipas


増補新装版 「世界をきちんとあじわうための本」
A5判変型|92頁 2016年9月発行
定価:本体1,700円+税
発行・発売:ELVIS PRESS


箱にしまうこと 箱をしまうこと
20.5cm×12.5cm|20頁
箱入り
限定200部
定価:本体1,500円+税
発行・発売:ホモ・サピエンスの道具研究会

2018-02-14 | Posted in ExhibitionComments Closed 

 

suginoharumi×irugmod 『うつっていく、かわっていく』

suginoharumi×irugmod『うつっていく、かわっていく』
2018年3月21日(水)~4月2日(月)
at ON READING GALLERY

イラストレーター・suginoharumi、金属作家・irugmodによるふたり展を開催します。

蕾から花が咲き、葉が茂って落ちていく
ふだん気にとめていない周りでおきている変化
それは当たり前のようで当たり前ではないこと
季節はうつっていく、かわっていく
そこにスポットライトをあててみました。

ふたりの視点で集めた季節がたくさんつまった展示となっています。うつりかわりの空間へ、遊びにいらしてください。

期間中はsuginoharumiの紙雑貨や、irugmodのアクセサリーも販売。
作家在廊日やお知らせはHP・SNSに記載します。

instagram: harumi×irugmod
twitter: @harumi_irugmod

suginoharumi|イラストレーター
山や森の、そこに集う人々や歴史など魅力的に思う光景を色鉛筆で表現している。イラストを用いた紙雑貨なども制作。

irugmod -イルグモッド-|金属作家
ジュエリー会社に勤めたのち、自然にあるものをモチーフにアクセサリーなどを金属で制作している。アクセサリーユニット「OHO」としても活動中。

2018-02-08 | Posted in ExhibitionComments Closed 

 

花松あゆみ 個展 『ほんの風景』

花松あゆみ 個展 『ほんの風景』
2018年3月24日(土)~4月16日(月)
at ON READING

主にゴム版画によるイラストで書籍、雑誌等で活躍中のイラストレーター、花松あゆみによる個展を開催します。

本が1冊、そばにあるだけでうまれる風景があります。
暮らしのなかに本があることで現れる、ほんの些細な風景たちを版画で描きました。版画の展示のほかに、これまで作ってきた手製本やポストカードなども並びます。ぜひあわせて見ていただけたら嬉しいです。

花松あゆみ
青森県出身、東京都在住。おもにゴム版画による作品制作。『働きたくないイタチと言葉がわかるロボット』(朝日出版社)や『月のこよみ』(誠文堂新光社)の装画など、書籍や雑誌等でイラストレーターとしても活動しています。
http://ayumihanamatsu.petit.cc/

2018-02-08 | Posted in ExhibitionComments Closed 

 

Jun Iizuka Solo Exhibition 『1/IMAGE』


Jun Iizuka Solo Exhibition 『1/IMAGE』

2018年4月5日(木)~4月15日(日)
at ON READING GALLERY

私たちは、日常的に膨大な量の画像を画面越しに眺めています。現代においてのイメージとは、細部まで意識が及ばずに消費されていくものになりました。飯塚純の”1/IMAGE”は、デジタル画像を構成している最小単位の色信号、ピクセル(Picture Cell = 写真の細胞)をモティーフに制作している作品です。本作は、何らかの写真から抽出した色彩をイメージの断片として提示することで、私たちが現代において忘れつつある「想像」の感覚を再び想起させようとアプローチしたものです。

アーティストトーク
4月15日(日) 18:00 ~ 飯塚純(美術家) × 福嶋幸平 ( 美術家・Gallery Yukihira/shuuue 代表 )

入場無料

トークゲストに美術家であり、ギャラリーの代表も務める福嶋 幸平さんを招き、今回の展示作品を飯塚純さんと解説しながら、現代における写真表現のあり方について紐解いていきます。記憶とは何か、写真やイメージとは何か、を今一度考えるきっかけになればと思います。

<SPECIAL EVENT>
FOREST MEMORY GAME @ ON READING
4月14日(土)、4月15日(日)| 13 : 00 – , 16 : 00 –

参加費:3,500円(フォレストメモリーゲームBOX付)
定員:各回5名程度(要予約)
予約:下記フォームよりお申し込みください。

アートブックレーベルDOOKSからリリースした飯塚純の作品「FOREST MEMORY GAME」の体験イベントです。ルールは、『神経衰弱ゲーム』をベースにした内容ですが、ペアが揃わない場合はカードを元に戻すことができません。そのため、ミスをすると表と裏が入れ替わるため、深い森へと迷い込んでしまいます。プレーヤー達は、作家のもつ『森で迷った記憶』を追体験しながら、脱出を目指していきます。限定300セット。体験イベント後に、1セットをお持ち帰りいただけます。

飯塚 純 Jun Iizuka  
1987年新潟県生まれ。横浜美術大学卒業。記憶の3段階(記銘、保持、想起)を主題に、特定の表現技法に依ることなく作品を制作している。近年では、医療現場で用いられる記憶テストから着想を得た作品「フォレスト・メモリーゲーム」や、想像と心象に関する作品「ピクチャー・セル・キューブ」シリーズを発表。主な展示として、「新章風景#2-現代における風景写真の在り方-/東京都美術館」や「REPHOTOGRAPH/BOOKS f3(2017)」、「新章風景-現代における風景写真の在り方-/ターナーギャラリー(2015年)」など。主な出版物として、「THE LAST DRIVE」「STARDUST」「REPHOTOGRAPH」(全てDOOKS出版)などがある。
www.juniizuka.net

<SPECIAL EVENT>
FOREST MEMORY GAME @ ON READING

お名前 (必須)

フリガナ (必須)

メールアドレス (必須) ※迷惑メール設定にご注意ください。お申し込み時に自動配信メールが届きます。(info@elvispress.jp)

電話番号 (必須)

ご希望日時 (必須)

人数 (必須)

備考


&nbsp;

尚、お客様都合でのキャンセルの際は、必ずご連絡ください。
※下記、キャンセル規約に基づき、キャンセル料が発生しますのでご了承ください。
イベント当日より8日以上前のキャンセル…無料
イベント当日より7日~前日のキャンセル…入場料の50%
イベント当日/無断キャンセル…入場料の100%

2018-02-14 | Posted in ExhibitionComments Closed