Exhibition

ホモ・サピエンスの道具研究会 展覧会 『すべての本は、 わたしたちの道具』

ホモ・サピエンスの道具研究会 展覧会
すべての本は、わたしたちの道具

2017年2月22日(水)~3月6日(月)
名古屋市芸術文化団体活動助成事業

ホモ・サピエンスの道具研究会は、昨年、ON READINGの出版レーベルELVIS PRESSより増補新装版『世界をきちんとあじわうための本』を刊行しました。出版を進めるなか、両者でよく話したのは、この本をただ商品として取り扱ってしまうような考えはせず、できるだけ道具として使いこなすように心がけること。本体と代金が交換されるだけの商品とは違って、それが道具でありえていれば、本屋さんと、お客さんと、さらには本屋さんでもなく、お客さんでもない人たちとも、これまで無かったような関係が生まれるはず。

今回のON READINGでの展覧会では、会期中、この本を道具にして、トークやスクールやワークショップなど、たくさんのイベントをおこなう予定です。なので、展覧会は、あくまで、そうしたたくさんのイベントのひとつと考えて、いろいろなかたちでご参加ください。

ホモ・サピエンスの道具研究会
生活とともにある「研究」のあたらしいあり方を探るなかで生まれた、人類学者を中心メンバー
とするリサーチ・グループ。今回の展覧会は、山崎剛・木田歩・坂井信三が企画を担当。
https://twitter.com/sapiensneipas


日時|A-1 :2月24日[金]19:30-21:00 / A-2 :3月3日[金] 19:30-21:00
B-1 :2月26日[日]13:00-14:30 / B-2 :3月5日[日] 13:00-14:30
2回で1セット、A・Bそれぞれ定員8名
参加費|4,000円(2回分・要予約)
講師|ホモ・サピエンスの道具研究会

みなさんは、毎日、世界とどのように出会っているでしょうか? 季節ごとに違った風を頬に感じたり。ひとりでに動くはずはないのに、いつもどこへ行ったかわからなくなるリモコンやスリッパを探したり。日々、そんなふうにありふれたかたちで、出会いを経験していたとしても、世界と出会っているという事実として、あらためてあじわう機会はあまりないかと思います。

なので、ホモ・サピエンスの道具研究会は、すでに出会っているものに出会いなおす「場所」としてこのスクールを開くことにしました。また、世界と出会っていても、それが何なのかモヤモヤしていて、どうやって人に言ったらいいのだろうと困っているような人のためにも、集まることができる「場所」になればよいなと思っています。

・・・・・・・・・・・・・・下記フォームよりお申込ください・・・・・・・・・・・・・・

お名前 (必須)

フリガナ (必須)

メールアドレス (必須) ※迷惑メール設定にご注意ください。お申し込み時に自動配信メールが届きます。(info@elvispress.jp)

電話番号 (必須)

希望日程(必須)

備考



日時|3月4日[土] 19:00-20:30
定員|20名
参加費|1,000円(要予約)
スピーカー|ホモ・サピエンスの道具研究会、ReBuilding Center JAPAN、ON READING

日々の暮らしにおける、世界との出会いの経験にこだわるホモ・サピエンスの道具研究会。海外の出版状況も視野に入れ、本とのかかわりをたのしむON READING。住まうことと分かちがたくある家を見直し、地域と地域を越えた広がりのなかで活動をするReBuilding Center JAPAN。対象も規模も違うけれど、どこかつながっているような気もしなくもない。このトークでは、特につながりが何もなかったとしても、それぞれ、まわりにひろがっているものをどう見て、どんなことを探っているのか、そんなことを話すことで、それぞれが生みだす動きが見えればいいなと思います。

ReBuilding Center JAPAN
代表取締役|東野唯史(あずの・ただふみ) 84年生まれ 名古屋市立大学芸術工学部卒
取締役|東野華南子(あずの・かなこ)86年生まれ。中央大学文学部卒。
2014年より空間デザインユニットmedicalaとして妻の華南子と活動開始。全国で数ヶ月ごとに仮暮らしをしながら「いい空間」をつくり続ける。2016年秋、建築建材のリサイクルショップReBuilding Center JAPANを長野県諏訪市に設立。ReBuild New Cultureを理念に掲げ、「世の中に見捨てられたものに価値を見出して、もう一度世の中に送りだし、次の世代につないでいく」ことを目的に活動中。『世界をきちんとあじわうための本』の取扱店のひとつ。
http://rebuildingcenter.jp/

・・・・・・・・・・・・・・下記フォームよりお申込ください・・・・・・・・・・・・・・

お名前 (必須)

フリガナ (必須)

メールアドレス (必須) ※迷惑メール設定にご注意ください。お申し込み時に自動配信メールが届きます。(info@elvispress.jp)

電話番号 (必須)

希望人数(必須)

備考



日時|2月27日[月] 19:00-20:30
定員|8名 ※満数に達しましたので受付を終了いたしました。
参加費|500円(要予約)
ファシリテーター|ON READING、ホモ・サピエンスの道具研究会

本は、物心ついたころからなんとなく私たちの近くにあって、当たり前のように「開いて、読む」ことをしています。また、本がそこにあれば、押し花をつくることもできるし、家から職場まで運んだり、今は読まなくてもいつか読むこともできます。しかし書かれている内容については話すことがあっても、本とは一体どういうものなのか、ということについては話す機会が少ないように思えます。

このワークショップでは、本の内外で起きていることに、思いをめぐらせてみます。わたしたちと本との間にある、「開いて、読む」だけではない関係に気づけたら、本をもっとよい道具として使うことができるかもしれません。本を好きな方も嫌いな方も、好きでも嫌いでもない方も、是非ご参加ください。

・・・・・・・・・・・・・・下記フォームよりお申込ください・・・・・・・・・・・・・・

※満数に達しましたので受付を終了いたしました。

尚、お客様都合でのキャンセルの際は、必ずご連絡ください。
※下記、キャンセル規約に基づき、キャンセル料が発生しますのでご了承ください。
イベント当日より8日以上前のキャンセル…無料
イベント当日より7日~前日のキャンセル…入場料の50%
イベント当日/無断キャンセル…入場料の100%

2017-01-24 | Posted in ExhibitionComments Closed 

 

箕輪麻紀子 個展 『Float』

箕輪麻紀子 個展 『Float』
2017年3月8日(水)~3月27日(月)

書籍や雑誌、ファッションなどの分野で活動中のイラストレーター、 箕輪麻紀子の個展を開催します。

本展では、柔らかな静けさを風景画の中に描き出した写真集的画集『Float』(DOOKS刊)の原画作品に加え、新作も発表する予定です。

また、期間中は出版レーベルDOOKSの書籍も一部コーナーを設けてご覧いただけます。

箕輪 麻紀子 / makiko minowa
イラストレーター
東京都出身、在住
武蔵野美術大学造形学部卒業
イラストレーション青山塾修了
2011年よりhpgrp GALLERY(アッシュ・ぺー・フランス株式会社)キュレーション、LUMINE meets ART MeganeZineShop、TokyoArtBookFairなどイベント、グループ展に多数出展。広告、書籍、雑誌、ファッションなどの分野で活動中。
http://makikominowa.com

2017-02-05 | Posted in ExhibitionComments Closed 

 

Suguru RYUZAKI Photo Exhibition 『Broken, Your Ray / new map from another country』

Suguru RYUZAKI Photo Exhibition 『Broken, Your Ray / new map from another country』
2017年3月29日(水)~4月17日(月)
※3月30日(木)~4月4日(火)の期間は臨時休業

STATEMENT:
写真は媒体の上には決して存在しないものだと考えます。あなたが見た、乳剤の粒子・コピーの走査線ーそのひとつひとつが分解し、あなた自身の” 過去” もしくは” 未来” と接続した時に初めて眼前に現れると思うからです。それは「image」としてだけ存在し、実存を持たない幽霊のように、僕の手元を離れ永遠に彷徨い続けるのです。

龍崎俊 Suguru RYUZAKI www.sugururyuzaki.com
写真家。1983 年生まれ。東京を拠点に活動中。
武蔵野美術大学造形学部映像学科中退後、ZINE の製作や個展を中心に活動している。2013 年には、「インディペンデントな意思を持ったアーティスト達による、インディペンデントなプロジェクト」というコンセプトに基づいたプラットフォーム / パブリッシングハウスであるSTAY ALONE を発足。
www.stay-alone.com
また2016 年には、音楽家とのコラボレーションワークであるSAVAGE AND THOUGHT を自身で刊行している。
www.savageandthought.tumblr.com

SOLO EXHIBITIONS
2016: “Broken, Your Ray / new map from another country”, THE WORKS / Tokyo-Japan
2016: “Broken, Your Ray”, NO.12 GALLERY / Tokyo-Japan
2013: “the ravens caught your light”, NO.12 GALLERY / Tokyo-Japan
2012: “the ravens caught your light”, NEW ACCIDENT / Ishikawa-Japan
2011: “EPISODE”, NO.12 GALLERY / Tokyo-Japan
2010: “The Strength of Brushstrokes / address to the raven”, SPEAK EASY / Tokyo-Japan
2009: “address to the raven”, Roof / Tokyo-Japan
2009: “shuffle”, Roof / Tokyo-Japan
2007: “Urbanite”, Musashino Art University / Tokyo-Japan

SELECTED EXHIBITIONS
2016: “YYY2 Launch Exhibition”, The Finnish Museum of Photography / Helsinki-Finland
2016: “BY 20 TO 100”, NO.12 GALLERY / Tokyo-Japan
2016: “GOOD SENSE & KIOSK”, THE WORKS / Tokyo-Japan
2015: “NEW GIG2”, ARGUMENT GALLERY / Tokyo-Japan
2014: “NEW GIG”, ARGUMENT GALLERY / Tokyo-Japan
2012: “J NOT B COVER”, Cazahana / Ishikawa-Japan
2011: “PROF”, ONE PEACE / Tokyo-Japan
2011: “CULTIVATE #9”, CULTIVATE / Tokyo-Japan
2009: “shuffle”; “address to the raven”, La Fuente DAIKANYAMA / Tokyo-Japan
2007: “Rlah #2”, BankART Studio NYK / Kanagawa-Japan

2017-02-20 | Posted in ExhibitionComments Closed 

 

かくたみほ 「MOI MOI そばにいる」刊行記念展



かくたみほ 「MOI MOI そばにいる」刊行記念展
2017年4月19日(水)~5月8日(月)

日本と似ているフィンランド。わかりやすい例だと靴を脱いで生活するでしょうか。大きなカメラをぶら下げて旅行者丸出しの私に、道を案内してくれたり治安の良い・・・作品撮りしやすい国でした。白夜と極夜の光と色の風景は美しく湖が鏡のようになる景色が好きです。自然信仰の文化もあり、森や湖からの恵みに感謝して暮らす人々の素朴な生き方にも共感を覚えました。首都に暮らす人々も身近に群島や森があり、私も真似て長靴を持参して森に入り、火を囲むのがとても楽くて10年通っています。すべて中判カメラで撮影してきたフィルムより手焼きプリントした作品を展示します。

かくたみほ Miho Kakuta
1977年、三重県鈴鹿市生まれ。
スタジオLOFTスタジオマンを経て写真家小林幹幸に師事後、独立。
雑誌やCDジャケット、ファッションブランドカタログなどの撮影と平行して、光とトーンを活かした作風で活動中。ライフワークではフィルムカメラを愛用して旅をベースに光、暮し、自然、対なるものに重きを置いて制作。フィンランドやブータンの風景や人々をテーマにしたNOTE BOOK写真集もシリーズで刊行を続ける。著書に『あふるる』(自社出版 2009年)『dog photographer』(翔泳社 2009年)『写真の撮り方 きほんBOOK』(マイコミ 2010年)『ふんわりかわいい写真の撮り方ノート』(インプレスジャパン 2010年)『キラリキラリ』(パイインターナショナル 2013年)などがある。2004年より各地で個展、グループ展多数。
http://mihokakuta.com/

かくたみほ写真集「MOIMOIそばにいる」
本書では、見る人の眼差しを和らげる不思議な魅力の写真によって、何気ない暮らしのなかや、動物と人間の関係など、フィンランドを身近に感じることができ、日本人が長きにわたって保っていた自然と人間との関係についても思いを巡らせるような、広く豊かな気持ちを育んでくれます。
出版:求龍堂
AD:佐々木暁
仕様:190×190mm 並製本 112頁(89点収録)
2,300円+tax 

2017-02-21 | Posted in ExhibitionComments Closed