Event, News/New In

写真をもっともっと愉しむためのワークショップ『写ベリ場』を始めます。

SYABERIBA

写真家の江本典隆さんと、写真をもっともっと愉しむためのワークショップ『写ベリ場』を始めます。

スマホや携帯、デジカメの普及やSNSでのコミュニケーションなど、写真を撮らない、目にしない日が無いくらい、周りは写真で溢れています。誰もが気軽に写真を撮れるようになった今、作品として語られる写真って、一体何が違うのでしょうか?

このワークショップでは、写真や写真以外のことについてゆっくりと考えを巡らせ、写真をもっと愉しむヒントや、世界を面白がる視点を、皆で共有できるような場所にしたいと思っています。


《ワークショップ募集にあたって》

カメラを手にする人はみんな、写真を撮るのが大好きです。(ぼくも大好きです)

でも、写真って撮るだけなんでしょうか?

例えば、撮ってきた写真を見る、誰かに見せる、なぜ撮ったのか考える、作品にまとめる、写真展をする。
もちろん自分の写真だけではありません。
ギャラリーに写真展を見に行く、写真集を見る、写真史を学ぶ、などなどなどなど。
“撮る”の先には、頭がクラクラするほど広く、深い世界が広がっているはずです。

“写真ってなんだろう”

そんな果てしない疑問をみんなで一緒に考える場所を作りたいと思い、
ON READINGのふたりと「写ベリ場」という会を始めることにしました。

この会では、写真の撮影テクニックやカメラの話はほとんどしません。
毎回写真にまつわるいろんなテーマをいっしょに考え、本を読んだり、写真集を見たりします。
そして各自が撮ってきた写真を持ち寄って、みんなで見ながら話し合います。

写真が好きでたまらない人、いつか写真展を開いてみたい人、そして、もっと写真のことを知りたい人。
いっしょに写真のことをしゃべりませんか。

江本典隆(えもと・のりたか)
1978年静岡生まれ。出版社で働きつつ、写真家・元田敬三氏に学び、写真活動を始める。 2014年、写真集「ロマンスカー」(書肆サイコロ刊)発売。 森岡書店・書肆サイコロ・ON READING・circle gallery他で個展開催。


《各回のおおまかなテーマ》

第一回:6月27日(土)
■みんなの写真
・オリエンテーション
・写真というメディアの特徴
・写真を撮ること、見ること、見せること
・インプットがなぜ必要か

第二回:7月25日(土)
■写真と言葉
・写真は言葉にできるか
・なぜ言葉にしたいのか
・自分の写真を言葉にしてみる。
・他者の写真を言葉にしてみる。

第三回:8月29日(土)
■写真史にふれてみよう
・過去の名作を知るとわかること
・名作&最新写真集に触れる
・現在も写真史の一部

第四回:9月26日(土)
■“作品”ってなんだろう。
・“写真作品”と“作品じゃない写真”に違いはあるのか。
・撮った写真はいつ“作品”に?
・あなたの好きな写真家の作品の魅力について

第五回:10月24日(土)
■写真展(個展)を開くなら
・展示をするということ
・個展とグループ展
・額装を考える
・さまざまなギャラリー
・いつか写真集を作るなら


≪ワークショップ募集要項≫

開催:2015年6月~ 日程は上記参照 20:00~22:00
参加費:全5回 10,000円税込 (初回参加時にお支払いいただきます。)
※原則、お客様都合での途中キャンセルに対する返金は致しかねます。
対象:写真作品の制作に興味がある方・写真にもっと深く関わりたい方
   毎回自分が撮ってきた写真を持ってこれる方(枚数自由)
   普段、写真を撮られていて、もう一歩先にいきたい方におすすめです。
定員:5名 (応募者多数のため、志望動機等で選考させていただきます。)
申込締切:6月12日
下記、申込みフォームよりお申込みください。 受付を終了いたしました。

2015-05-23 | Posted in Event, News/New InComments Closed