Event

小林エリカ『忘れられない本のこと』

小林エリカ『忘れられない本のこと』

小林エリカさんの忘れられない本。
本がつなぐ、過去、未来、いま、わたし、あなた。

——

フェア:2014年1月17日(金)~2月9日(日)
朗読会:2014年2月2日(日)open18:00 / start18:30 / close20:00 (要予約)

——

作家・漫画家の小林エリカさんのフェアを開催致します。作品集『忘れられないの』(青土社)、コミック『光の子ども1』(リトルモア)と、立て続けに注目作を刊行された小林エリカさん。

漫画、ドローイング、小説と、作品ごとに表現方法を変えながら、「時や場所を超えていまに何らかの影響を与えるもの」を描き出す小林エリカさんの創作の原点はどこにあるのだろう。

そこで今回のフェアでは、小林エリカさんの「忘れられない本」を集め、本の背景を思い、その一節を共有することで、時や場所を超えたつながりを持てたらと思っています。

2月2日の朗読会では、小林エリカさんに「忘れられない本」からの一節を朗読していただきながら、これまでの創作やその原点について、お話して頂きます。そして、忘れられない風景のドローイングによるスライドショーをご覧いただき、皆さんと、過去、未来、いま、を共有したいと思います。小林エリカさんの声を聴くことで、時や場所を超えて繋がることができたらと思います。

朗読会:2014年2月2日(日)open18:00/start18:30/close20:00
料金:1500円+drink(500円)
会場:ON READING
お申し込み:
ignition.gallery@gmail.com

件名を「忘れられない本のこと」として、お名前・ご予約人数・ご連絡先を明記の上、メールをお送りください。

—-

wasurenaino

プロフィール:

小林エリカ(こばやしえりか)

1978年東京生まれ。作家・マンガ家。

最新作は“放射能”の歴史を辿るコミック『光の子ども』(リトルモア)。著書は、作品集『忘れられないの』(青土社)、アンネ・フランクと実父の日記をめぐる『親愛なるキティーたちへ』(リトルモア)『空爆の日に会いましょう』『終わりとはじまり』(共にマガジンハウス)など。

クリエイティブ・ガールズ・ユニット kvina(クビーナ)としての活動も。

http://erikakobayashi.com

—-

2013-12-28 | Posted in EventComments Closed