Exhibition

狩野岳朗 個展『灰青色な単位』


狩野岳朗 個展『灰青色な単位』
2022年5月21日(土)~6月6日(月)

当店では、およそ3年半ぶり、3度目となる、画家・狩野岳朗の個展を開催します。

===

スケッチに木の一部を描いていた。
木はケヤキで、その後も同じシリーズで何枚か描いた。
いつもと違う感じなのでなぜそれを描いたのか思いをめぐらせた。

私の実家の前には大きなケヤキの木があった。
実家にいた頃は毎日目に入る物の一つで
当然そこにあるものだったけど、数年前に切られてしまった。

ケヤキと私の日々には密接な関係があって、
ケヤキの中に自分を抽象化していたのかもしれない。

岡潔の本*によると、仏教の考え方では
自然の中に私が生きている、というよりは
まず心があって、その中に自然があるという。

自然(ケヤキ)の一部を見ることは、心の一要素を見ているということだろうか。

_狩野岳朗

―――
*岡潔「数学を志す人に」

===

狩野岳朗 Takero Kano
画家。1975年、群馬県生まれ。木を描くことから始まり、自然を観察しフィールドスケッチを重ねていくなかで自身(人)と木々の在り方に類似を感じ、輪郭が曖昧になる感覚を覚える。以来、抽象表現を中心とした制作をする。個展での作品発表の他、ワークショップやライブ活動、書籍の装画やアパレルブランドとのコラボなどを手がける。
http://sktec.org
https://www.instagram.com/kanotakero

2022-04-22 | Posted in ExhibitionComments Closed