News

かくたみほ写真展『行きて帰りし』at on hold THE TOWER HOTEL NAGOYA 4F L01

 

かくたみほ写真展『行きて帰りし』
at on hold – THE TOWER HOTEL NAGOYA 4F L01
住所:愛知県名古屋市中区錦3丁目6-15先 中部電力 MIRAI TOWER  THE TOWER HOTEL NAGOYA4F
会期:2021年7月29日(木)~8月29日(日)
OPENING HOURS  12:00-17:00 [入場無料]
https://thetowerhotel.jp/
※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、入場者数制限を設けております。ご来館のご予約をいただけましたら優先的にご案内させていただきます。
(ご予約優先制: 052 – 953 – 4450|THE TOWER HOTEL NAGOYA)

2021年より、THE TOWER HOTEL NAGOYA のギャラリー「on hold」のディレクションを一部、ON READINGが手掛けております。
今回は、かくたみほの展覧会を開催します。

—-

作品撮りで旅に出る。仕事でも旅に出る。
私の場合、旅のおみやげはもちろん写真。英語で写真を撮ることをTake a picture.と言うけれど、まさにテイクアウトしてくる。それをライフワークに20年間で訪れたのは27カ国になる。
自宅を離れると、ゆっくりした時間ができて、移動中や、夜に部屋で本を読んだりする。
今回、ホテルのギャラリールームでの展示ということで、旅と本を展示に落とし込めたらと思い構成しました。

日常から非日常へ、もう一つのあちらとこちら、世界へ。
森、冒険、鳥、鬼、魔法、自然は四季の営みをやめない。
ここではない違う場所に行って帰ってくるという児童文学の構造は「旅」に多く当てはまる。
幼少期の読書体験が、私が旅に出る理由のひとつに当てはまる。そして物語の主人公のように旅に出る行動力が大切。
しかし帰ってくることも大事で、帰るとはその人が、一番その人らしくいられる場所に落ち着くこと。
自分が今ここにいる意味を発見し、確認することが旅に出る理由のたくさんあるうちの一つだ。

—-

かくたみほ
77年三重県生まれ。小林幹幸に師事後23歳で独立。作品制作の他にファッションブランドの撮影やポートレート、動物撮影などで光を活かした作風で活動中。主な仕事に雑誌リンネル、ことりっぷマガジン、MOE。CDジャケットにはスピッツやきのこ帝国などがある。2006年から通って撮影したフィンランドの写真集に「MOIMOIそばにいる」(求龍堂)と「光の粒子」(求龍堂)がある。その他、自費出版の写真集も多数刊行。
www.mihokakuta.com
instagram : mihokakuta

2021-06-23 | Posted in NewsComments Closed