Past

野川かさね 写真展 『山小屋の灯』

 

野川かさね 写真展『山小屋の灯』
2018年8月11日(土) ~ 8月20日(月)

山小屋を偏愛する編集者・小林百合子さんと写真家・野川かさねさんの山小屋フォトエッセイ第2弾『山小屋の灯』(山と溪谷社)の刊行記念を記念して、写真展とトークイベントを開催します。

 

『山小屋の灯』(山と溪谷社)刊行記念
小林百合子 & 野川かさね トークイベント&サイン会

日程:2018年8月11日(土)
時間: 開場 18:30 | 開演 19:00 ~
※イベント当日の通常営業は17:00時までとなります。
参加費:1,500円(お買物券500円分付)
定員:30名
ご予約:下記フォームよりお申し込みください。 ※定員に達しました。

〜登頂だけが登山じゃない。
山小屋を目指して、ゆったり歩く山登り〜

前著『山と山小屋』(平凡社刊)の発売から5年、山小屋を偏愛する編集者・小林百合子さんと写真家・野川かさねさんの山小屋フォトエッセイ第2弾が発売になります。刊行を記念して、おふたりならではの山小屋登山の楽しみ方を語っていただきます。

『山小屋の灯』は、おふたりが2年の間に巡った各地の山小屋と、そこで過ごした時間、思い出を綴ったフォトエッセイ集。バス停から徒歩1分という初心者でも安心して行ける山小屋から、北アルプス最奥地にある秘境的山小屋までを紹介しています。

トークショウでは、これから山小屋に泊まってみたいという方へのアドバイスや、本には綴られなかった登山の裏話などを。スライドショーでは美しい山の写真もお楽しみいただきます。またイベントの最後には、本書のタイトルにもなっている山の歌『山小屋の灯』を参加者みんなで合唱(!)。山小屋で過ごしているような温かな時間を共有できたらと思います。

Q&Aコーナーでは山小屋宿泊のことから山での写真撮影のことなど、おふたりが山の疑問、お悩みに答えてくれますヨ!

 

小林百合子(こばやし ゆりこ)
1980年兵庫県生まれ。出版社勤務を経て独立。山岳や自然、動物、旅などにまつわる雑誌、書籍の編集を多く手がける。女性クリエイター8人から成る山登りと本づくりユニット〈ホシガラス山岳会〉発起人。著書に『最高の山ごはん』(パイ・インターナショナル)、『いきもの人生相談室』(山と溪谷社)、野川かさねとの共著に『山と山小屋』(平凡社)など。

 

野川かさね(のがわ かさね)
1977年神奈川県生まれ。山や自然の写真を中心に作品を発表する。クリエイティブユニット〈kvina〉、自然・アウトドアをテーマにした出版・イベントユニット〈noyama〉の一員としても活動する。作品集に『Above Below』(Gottlund Verlag)『with THE MOUNTAIN』(wood/water records)、著書に『山と写真』(実業之日本社)など。
http://kasanenogawa.net/

 

本書は山小屋をこよなく愛し、全国の山小屋を訪ね歩いてきた編集者と写真家によるフォトエッセイ集。 東京から日帰りでふらりと登れる高尾山、静かな森歩きを楽しめる北八ヶ岳、温泉を楽しめる東北の山。山々が果てしなく連なる北アルプス最奧まで。山が違えば山小屋の佇まいも変わり、出会う人も様々です。本書では著者たちが2年間に歩いた山と滞在した山小屋16軒について情感豊かに、ときにユーモアたっぷりにそのエピソードが語られます。 巻末には登場した山小屋の詳細情報やそこに至るまでの詳細なルート情報、地図なども収録

価格:1728円
版元:山と溪谷社
発売日:2018/6/18   ページ数:176ページ/ソフトカバー  ISBN-13: 978-4635171939

 

【展示記録】
野川かさね 写真展『山小屋の灯』
2018年8月11日(土) ~ 8月20日(月)

 

小さな草花や、山小屋で働く人の手、霧がかった登山道や、夕暮れの中にぽかりと浮かぶ山小屋の灯。野川かさねさんの視点は山の魅力の深さを教えてくれます。

今回の展示は、小林百合子さんとの共著、『山小屋の灯』の刊行に併せて開催いたしました。書籍『山小屋の灯』では、おふたりが2年間に歩いた山と滞在した山小屋16軒についてのエッセイと写真で構成されているのですが、展示では、「道」「手」「水」「山小屋」「植物」といった、モチーフやイメージごとに、様々な山や山小屋で撮られた写真が並び、どこで撮影された写真なのかといった、場所の情報は掲示されていません。
同じ写真でも、構成によって全く違うものに見えるという、写真の面白さを感じられます。

 

 

山写真界に「かさね風」という新しいスタンダードを生み出した、と言われている野川さんは、植物を撮っていく中で山に登り始め、心動かされたものを写真に撮るようになっていきました。しかし、山岳雑誌等で見る山の写真は、猛々しい山壁や、アルプスの山並みなど、山の形を捉えたものが多く、「私が撮りたいものは、みんな撮ってない」と思ったそうです。

その後、山の雑誌で仕事をする中で編集者の小林さんと出会い、ともに取材をする中で、山の楽しみ方はひとつじゃない、同じように頂上を目指さなくてもいい、と山との多様な付き合い方を紹介していく活動をするようになっていきました。

 

 

野川さんは、山の写真は一生撮っていく、と言っていました。何度、同じ山、同じ道、同じ山小屋に行っても、出会う景色も人も、全く同じということはなく、同じ場所でシャッターを押しても、そのたびに、驚きと感動があると。

私たちは、展示を月曜日に終えたあと、八ヶ岳に行ってきました。山小屋のある峠から、朝日に照らされる雲海を眺めていたとき、野川さんは、こういう時きっと、太陽じゃないものを見ているんだな、とふと思いました。

感動的な朝日の光で赤く染まった小さな花、おいしそうなご飯をよそう手、つらい登山道にゆれるみちしるべ、
いわゆる「今日のハイライト」ではない瞬間の断片の集積が、見ている私たちに、”山をみている”のではなく、まるで”山にいる”ような感覚を呼び起こしてくれる写真展でした。

 

2018-06-16 | Posted in PastComments Closed