Past

nakaban原画展『ことばの生まれる景色』

 

『ことばの生まれる景色』nakaban原画展
〜『ことばの生まれる景色』(ナナロク社)刊行記念〜
2019年6月5日(水)~6月24日(月)

「本屋『Title』店主・辻山良雄が、一冊の本とそれを端的に表していると思った一節を選び、画家のnakabanがそこからイメージを膨らませた絵を描く。」

2017年1月から東京・荻窪の本屋「Title」で行われた3回の展示をベースに、書籍のための新たな書き下ろしを加えた40の絵と文からなる『ことばの生まれる景色』(文・辻山良雄、絵・nakaban)が、ナナロク社より刊行されました。絵と文で、本を自由に旅する展示、ぜひ原画の迫力をお楽しみください。

*原画展ご来場のかたに、「ことばの生まれる景色」オリジナルしおりをプレゼントします。

*この原画展は、1年をかけて全国の本屋さんを巡回します。全国での原画展にあわせ、nakabanさんにそれぞれのお店や土地をイメージした絵を描いていただき、それをもとにスタンプを作りました。会場には本書で紹介した「ことば」を印刷した、特製しおりとしおり紐をご用意しています。ぜひスタンプを押してお持ち帰りください。「ON READING」のオリジナルスタンプを設置して、お待ちしております!

 

SPECIAL TALK SESSION : 「絵と文で本を旅する四十景 〜名古屋編〜」
2019年6月5日(水) 18時30分 開場|19時 開演
会場:ON READING
料金:1,500円(お買物券500円分付)
登壇:nakaban、辻山良雄(Title)、黒田杏子(ON READING)
ご予約:下記フォームよりお申し込みください。 ※定員に達しましたので受付を終了いたしました。

 

nakaban(なかばん)
1974年広島県生まれ。画家。旅と記憶を主題に絵を描く。絵画作品を中心に、イラストレーション、絵本、文書、映像作品を発表する。
新潮社『とんぼの本』や本書の著者・辻山良雄氏の本屋「Title」のロゴマークを制作。主な著書は書籍『窓から見える世界の風』(福島あずさ著/創元社)、絵本『よるのむこう』(白泉社)『ぼくとたいようのふね』(BL出版)など。

 

【同時開催】

nakaban個展『よい眺め』
2019年6月5日(水)~6月24日(月)
at babooshka CURRY & CAFE 名古屋市千種区鹿子町2丁目3−3 http://babooshka329.jugem.jp/
営業時間: 11:30~20:00 (要1オーダー)
※6月5日は17:30まで
期間中の休業日は、6月11日、12日、18日、19日

こんなタイトルをつけてしまった。
最も素直な主題であり、
最も夢見ている望みであり、
おそらく最もむずかしい。
_nakaban

 

※定員に達しましたので受付を終了いたしました。

 

尚、お客様都合でのキャンセルの際は、必ずご連絡ください。
※下記、キャンセル規約に基づき、キャンセル料が発生しますのでご了承ください。
イベント当日より8日以上前のキャンセル…無料
イベント当日より7日~前日のキャンセル…入場料の50%
イベント当日/無断キャンセル…入場料の100%

2019-04-30 | Posted in PastComments Closed