Past

白石和弘 写真展「また、あうものたち」

 

白石和弘 写真展「また、あうものたち」
2019年6月7日(金)~6月20日(木)

写真家 白石和弘が10年来に渡り蒐集し、撮り続けてきた“ふるいものたち”。

過去・現在・未来を内包するそのポートレートは、時間という概念の不確実性や儚さを感じさせるだけでなく、写真が光と影の芸術であることを改めて認識させてくれます。本展では、その膨大なアーカイヴの中から作家本人がプリントした選りすぐりのオリジナルプリントを展示。また、本年1月に刊行された写真集「また、あうものたち」(アカツキプレス/オークラ出版)を販売いたします。写真家と古いものたちの美しき交歓の記録にご期待ください。

「ものを持つ、ということには少なからず所有欲というものが存在するはずだが、自身の欲に縛っておくのでなく、自分はその軌跡の一部、という感じがした。これらの軌跡は 50 年、100 年先へと続いているかもしれない。もしかすると、明日途絶えるかもしれない。そう思った時、今出会ったこの瞬間を写真に収めることにした」

 

SPECIAL TALK SESSION 白石和弘(写真家)× 柴田隆寛(編集者)
日時:2019年6月8日(土)19:00~
料金:1,500円(ON READINGお買物券500円分付)
ご予約: 下記フォームよりお申し込みください。 ※受付を終了しました。

白石和弘さんと、『HUGE』『アンドプレミアム』などの雑誌の編集を手掛けてきた柴田隆寛さんのクロストークを開催します。写真はもちろん、編集にご興味のある方もぜひご来場ください。

白石和弘
写真家。1980年東京生まれ。東京農業大学卒業後、10BANスタジオ勤務を経て、2007年より写真家 上田義彦氏に師事。2011年独立。静物、ポートレートだけでなくジャンルにとらわれず撮影をし、雑誌、広告などをはじめ作品制作も行い多岐にわたり精力的に活動している。
http://shiraishikazuhiro.com/

 

柴田隆寛
編集者。1974年兵庫県生まれ、東京育ち。株式会社イーターにて、ぶんか社『Asayan』、講談社『HUGE』の編集に携わったのち、マガジンハウス『アンドプレミアム』のエグゼクティブディレクターに就任。創刊から約3年半にわたり同職を務める。2015年に株式会社イーターを退職し、編集事務所「Kichi」を設立。紙・ウェブ・広告・イベントのディレクションなど、ジャンルやメディアに縛られないシームレスな活動を行なっている。また、2018年には、自由な表現の広場を目指して、アートとカルチャーに特化したブックレーベル「アカツキプレス」をオークラ出版とスタート。北海道・十勝「メムアースホテル」のプロジェクトメンバーとしても活動している。

 

※受付を終了しました。

尚、お客様都合でのキャンセルの際は、必ずご連絡ください。
※下記、キャンセル規約に基づき、キャンセル料が発生しますのでご了承ください。
イベント当日より8日以上前のキャンセル…無料
イベント当日より7日~前日のキャンセル…入場料の50%
イベント当日/無断キャンセル…入場料の100%

2019-04-26 | Posted in PastComments Closed