Event

SUNDAY MORNING ISSUE : 日曜日の朝を待つ もうきた と まだこない

sundaymorning1

毎月第3日曜日の午前中はON READINGの小さな試み、『SUNDAY MORNING ISSUE』の時間です。
(今回は、都合により、第4日曜日の開催です。)
ゆっくり珈琲を飲みながら何か考えてみたり、ちょっと手を動かしてみたり。ときにはワークショップやクラスだったり。本屋という考えを巡らす装置の中で、日曜日の朝を過ごしてみませんか?

今回は、『世界をきちんとあじわうための本』の著者である「ホモ・サピエンスの道具研究会」の方々と『待つ』について味わってみます。

≪ホモ・サピエンスの道具研究会≫
日々の生活とともにある、「研究」のあたらしいあり方を模索するなか生まれた、南山大学に所属する人類学者(山崎剛・木田歩・坂井信三)からなるグループ。

これまでの活動
展覧会|『道具を回路で考えよう』(南山大学人類学博物館/2010)
『「ならんでいる」ということについての研究』(名古屋大学プロジェクトギャラリー「clas」/2012)
『のこりもの 世界の性質:残るということについての研究』(名古屋市民ギャラリー矢田/2013)
書籍|ファン・デ・ナゴヤ美術展2013 記録集『世界をきちんとあじわうための本』(2013)


THIS SUNDAY MORNING ISSUE : 日曜日の朝を待つ もうきた と まだこない

おかげさまで、ここしばらくSUNDAY MORNING ISSUEは、予約で定員がうまる回がつづいています。本来は、たまたま早く起きてしまった日曜日の朝に、ふらっと来ていただくようなイベントなのですが、いつもご参加ありがたいかぎりです。

さて、そんなSUNDAY MORNING ISSUEですが、今回はあえて完全予約制にしたいと思います。なぜなら、それはみなさんに「待つ」という経験をしていただきたいから。予約をした瞬間から、イベントの当日まで。今回のイベントには、はじまる前のそのような時間も含まれているとお考え下さい。

そして、イベント当日は、予約した人だけが入れるひっそりとした店内で、いくつかの待つことと待つことのうちにするいくつかのことを、みんなであじわうことにしたいと思います。ただ、今回も特別なプログラムもなにもありません。それでも構わなければ、待つことがそれほど嫌いではない方、ぜひご予約下さい。


開催日時:11月22日(日)午前10:15~11:30 
受付:午前10:00〜10:15(時間に遅れないようお気を付けください。)
会場:ON READING
料金:1,000円(コーヒーor紅茶付)
定員:8名
ご予約:下記フォームよりお申込ください。

mousikomi

世界をきちんとあじわうための本

2015-11-04 | Posted in EventComments Closed