Event

2015/10/10(土)~10/25(日) ナゴパル文化祭2015 N:BOOK Store in PARCOに出店します。

20nbook

名古屋で暮らす人のために“衣・食・住・遊”情報を一冊にまとめたカルチャー誌“N:BOOK”がプロデュースしたショップ「N:BOOK STORE」が名古屋パルコに初登場!!誌面で登場した東海エリアで活躍するアラウンド名古屋のオールスターともいえる14のショップ、クリエイターらが出店します。

というわけで、ON READINGも参加させていただくことになりました。

出展ショップ&ブランド:
A.I.R. AGE(洋服・雑貨)
COFFEE, PLEASE(コーヒー・雑貨)
CO.NNECT.(洋服・雑貨)
C7C(本・ZINE・写真集)
HAND(グラノーラ・雑貨)
LIVERARY(コラボ商品・コラボ雑貨)
LOVE(洋服・雑貨)
ON READING(本・ZINE・写真集・雑貨)
STUDIO LA CAUSE(レザーグッズ)
SHEEP(ソイキャンドル・焼き菓子)
SHUNSAKU HIRAI(写真展示/販売)
THE APARTMENT STORE(洋服・アンティーク)
THINK TWICE(生活雑貨)

《名古屋PARCO 西館1F外》
CITY(S)&PARK(S) KIOSK BY KAKUOZAN LARDER(ドリンク・雑貨・イベント)

皆様、お誘いあわせの上、ぜひご来店ください。

2015年10月10日(土)~10月25日(日)
N:BOOK Store in PARCO
会場:名古屋PARCO 西館8F パルコギャラリー 名古屋市 中区栄3丁目29-1
時間:10:00~21:00

2015-10-07 | Posted in Event, News/New InComments Closed 

 

10/31(土) 「昔話・伝説・世間話」超入門 ~河童の話をきっかけにして~

kappa

江戸時代、尾張徳川家に育まれてきた狂言をはじめ、名古屋のまちかどを賑わしてきた伝統芸能、歴史文化を、現代のストリートで楽しむ、『やっとかめ文化祭』の「まちなか寺小屋」の一コマをコーディネートさせていただきました。

民衆の間で流れるように伝わっていくもの、それを現代の私たちも意識するわけでなくなんとなく受け継いで渡しているもの。それでも確かに「ある」ということに、惹かれます。

「むかしむかし」で始まる昔話にも、元はどこかで生まれたもの。
お茶を飲みながら語ってこられた噂話や笑いばなし、動物や自然に対する畏敬の念が含まれた伝説など、親から子へ、そのまた子へと語り継がれてきたお話には、それぞれの土地の記憶が染みついているのではないかと思い、この会を企画しました。

伝説の生き物とされる河童の話を入口に、日本民俗学の開拓者、柳田國男の考えを学びましょう。
現代の語り手による名古屋の昔話も楽しみです!

 

「昔話・伝説・世間話」超入門 ~河童の話をきっかけにして~

日程:2015年10月31日(土)
時間:OPEN 18:00 START 18:30-
会場:ON READING
講演:高木史人(名古屋経済大学教授) | 語り:伊藤ゆかり・村松佳子・近藤洋子
Ticket : 500yen (Pコード:630−203)
チケットは、名古屋市文化振興事業団チケットガイド(052-249-9387)、チケットぴあ(0570-02-9999)、サークルKサンクス、セブンイレブン、ON READINGにて販売しております。
チケットは完売いたしました。

日本で口伝えの文学(口承文芸)研究を唱えた柳田國男は、口伝えの説話を昔話・伝説・世間話などに区分し、それらを童話や民話などと厳しく区別しました。講演では柳田の考えを分かりやすく講釈します。地元の現代の語り手による名古屋の昔話や伝説もお楽しみください。

やっとかめ文化祭 http://yattokame.jp/

2015-09-05 | Posted in EventComments Closed 

 

SUNDAY MORNING ISSUE : 日曜日の朝の真ん中 みんなのあいだのレモネード

sundaymorning1

毎月第3日曜日の午前中はON READINGの小さな試み、『SUNDAY MORNING ISSUE』の時間です。
(今回は、都合により、第4日曜日の開催です。)
ゆっくり珈琲を飲みながら何か考えてみたり、ちょっと手を動かしてみたり。ときにはワークショップやクラスだったり。本屋という考えを巡らす装置の中で、日曜日の朝を過ごしてみませんか?

今回は、『世界をきちんとあじわうための本』の著者である「ホモ・サピエンスの道具研究会」の方々と『あいだ』について味わってみます。

≪ホモ・サピエンスの道具研究会≫
日々の生活とともにある、「研究」のあたらしいあり方を模索するなか生まれた、南山大学に所属する人類学者(山崎剛・木田歩・坂井信三)からなるグループ。

これまでの活動
展覧会|『道具を回路で考えよう』(南山大学人類学博物館/2010)
『「ならんでいる」ということについての研究』(名古屋大学プロジェクトギャラリー「clas」/2012)
『のこりもの 世界の性質:残るということについての研究』(名古屋市民ギャラリー矢田/2013)
書籍|ファン・デ・ナゴヤ美術展2013 記録集『世界をきちんとあじわうための本』(2013)


THIS SUNDAY MORNING ISSUE : 日曜日の朝の真ん中 みんなのあいだのレモネード

「あるもの」と「あるもの」があるというと、2つのものがあるように思うけど、実際はそれだけじゃなく、「あいだ」という存在もあるのに、なぜかそれは数には入れないことになっています。また、「あるもの」があるというと、1つのものだけがあるのだと思いがちだけど、ひろい視野で見れば、それも何かと何かの「あいだ」にあるものだったりします。

今回のイベントは、夏の暑い朝、よく冷えたレモネードを飲みながらすごします。それ以外、特別なプログラムは何もないですが、10時くらいから11時30分くらいまで、店内に漂う空気や、流れて聞こえる音楽、ページとページ、さまざまなかたちの「あいだにあること」をたのしんでいただければと思っております。


開催日:2015年8月23日(日)
時間:10:00〜11:30 (時間に遅れないようお気を付けください。)
会場:ON READING
料金:1,000円(自家製レモネード付き)
定員:10名
ご予約:下記フォームよりお申込ください。 定員に達しましたので受付を終了しました。

mousikomi

世界をきちんとあじわうための本

2015-08-05 | Posted in EventComments Closed 

 

8/14(金)『ホ・スリリングサーティー』レコ発ツアー in 名古屋

ho

8/14(金)『ホ・スリリングサーティー』レコ発ツアー in 名古屋

雪舟えま(歌)、ホソマリ(鍵盤)、フジワラサトシ(ギター)の三人組、スリリングサーティーの1stアルバム『ホ・スリリングサーティー』の発売を記念してのレコ発ツアー。

名古屋では、Gofishkiiiuが共演します。

『ホ・スリリングサーティー』レコ発ツアーin名古屋
2015年8月14日(金)
会場:ON READING 名古屋市千種区東山通5-19 カメダビル2A
時間: start 19:00 –
料金:2,000円(1D付)
出演:スリリングサーティー、Gofish、kiiiu
ご予約:下記フォームよりお申込ください。
問:052-789-0855

mousikomi

[contact-form-7 404 "Not Found"]

尚、お客様都合でのキャンセルの際は、必ずご連絡ください。
※下記、キャンセル規約に基づき、キャンセル料が発生しますのでご了承ください。
イベント当日より8日以上前のキャンセル…無料
イベント当日より7日~前日のキャンセル…入場料の50%
イベント当日/無断キャンセル…入場料の100%

2015-07-12 | Posted in EventComments Closed 

 

SUNDAY MORNING ISSUE : 『写ベリ場SUNDAY』本を読むように、写真をじっくり見る。

sundaymorning1

毎月第3日曜日の午前中はON READINGの小さな試み、『SUNDAY MORNING ISSUE』の時間です。
ゆっくり珈琲を飲みながら何か考えてみたり、ちょっと手を動かしてみたり。ときにはワークショップやクラスだったり。本屋という考えを巡らす装置の中で、日曜日の朝を過ごしてみませんか?

今回は、写真をもっともっと愉しむためのワークショップ『写ベリ場』の番外編。写真家の江本典隆さんと「写真」を読み解く楽しさを味わいます。

江本典隆(えもと・のりたか
1978年静岡生まれ。出版社で働きつつ、写真家・元田敬三氏に学び、写真活動を始める。 2014年、写真集「ロマンスカー」(書肆サイコロ刊)発売。 森岡書店・書肆サイコロ・ON READING・circle gallery他で個展開催。


THIS SUNDAY MORNING ISSUE : 『写ベリ場SUNDAY』本を読むように、写真をじっくり見る。

ここにある、一枚の写真。
そこにはなにが写っているのでしょう。女の人、花瓶、窓… しかし、それだけではありません。
写真のなかには何が存在しているのでしょうか。

また、写真や絵を見た時に感じる「好き」「好きじゃない」という感覚。
それらはどこからくるのでしょう?

写真が「わかる」「わからない」っていったい何なのでしょう?

本を読むように、写真をじっくり見ること。
写真を通して、写真家のまなざし、自分のまなざしを感じてみましょう。


開催日:2015年7月19日(日)
時間:10:00〜11:30
会場:ON READING
料金:1000円(コーヒーor紅茶付)
定員:10名(先着順)
ご予約:下記フォームよりお申込ください。


mousikomi

お名前 (必須)

フリガナ (必須)

メールアドレス (必須) ※迷惑メール設定にご注意ください。お申し込み時に自動配信メールが届きます。(info@elvispress.jp)

電話番号 (必須)

ご予約数 (必須)

備考

2015-07-07 | Posted in EventComments Closed 

 

SUNDAY MORNING ISSUE : 日曜日の朝をきっかけに 暮らしのなかのレファレンス

sundaymorning1
毎月第3日曜日の午前中はON READINGの小さな試み、『SUNDAY MORNING ISSUE』の時間です。
ゆっくり珈琲を飲みながら何か考えてみたり、ちょっと手を動かしてみたり。ときにはワークショップやクラスだったり。本屋という考えを巡らす装置の中で、日曜日の朝を過ごしてみませんか?

今回は、『世界をきちんとあじわうための本』の著者である「ホモ・サピエンスの道具研究会」の方々と『レファレンス』について味わってみます。

≪ホモ・サピエンスの道具研究会≫
日々の生活とともにある、「研究」のあたらしいあり方を模索するなか生まれた、南山大学に所属する人類学者(山崎剛・木田歩・坂井信三)からなるグループ。

これまでの活動
展覧会|『道具を回路で考えよう』(南山大学人類学博物館/2010)
『「ならんでいる」ということについての研究』(名古屋大学プロジェクトギャラリー「clas」/2012)
『のこりもの 世界の性質:残るということについての研究』(名古屋市民ギャラリー矢田/2013)
書籍|ファン・デ・ナゴヤ美術展2013 記録集『世界をきちんとあじわうための本』(2013)


THIS SUNDAY MORNING ISSUE : 日曜日の朝をきっかけに 暮らしのなかのレファレンス

何を買おうか決めたり、誰かに自分のことを説明したり、いろんな場面で、私たちには参照したり準拠したりする足場のようなものが必要です。でも、その足場のようなものって、どうやって? いつのまに? どこの誰が? 用意しているのでしょう。最初からずっとあるものもあれば、誰かが用意してくれるものもあったりするけど、誰も足場だなんて思ってないものを、ひょいと利用したりもする。

今回のイベントも、いつもと同じく、特別なことはなにもしません。それでも、だけど、自分ではないものをきっかけにして、次の自分へといたる。そんな足場がうまれる特別なイベントになればいいなと思っております。

とくべつなことは、なにもしない。でも、どこかとくべつな経験。


開催日:2015年6月21日(日)
時間:10:00〜11:30(入退場自由)*10:45までにご入場ください。
会場:ON READING
料金:800円(コーヒーor紅茶付)
ご予約:下記フォームよりお申込ください。 定員に達したため募集を終了しました。


世界をきちんとあじわうための本

2015-05-30 | Posted in EventComments Closed 

 

写真をもっともっと愉しむためのワークショップ『写ベリ場』を始めます。

SYABERIBA

写真家の江本典隆さんと、写真をもっともっと愉しむためのワークショップ『写ベリ場』を始めます。

スマホや携帯、デジカメの普及やSNSでのコミュニケーションなど、写真を撮らない、目にしない日が無いくらい、周りは写真で溢れています。誰もが気軽に写真を撮れるようになった今、作品として語られる写真って、一体何が違うのでしょうか?

このワークショップでは、写真や写真以外のことについてゆっくりと考えを巡らせ、写真をもっと愉しむヒントや、世界を面白がる視点を、皆で共有できるような場所にしたいと思っています。


《ワークショップ募集にあたって》

カメラを手にする人はみんな、写真を撮るのが大好きです。(ぼくも大好きです)

でも、写真って撮るだけなんでしょうか?

例えば、撮ってきた写真を見る、誰かに見せる、なぜ撮ったのか考える、作品にまとめる、写真展をする。
もちろん自分の写真だけではありません。
ギャラリーに写真展を見に行く、写真集を見る、写真史を学ぶ、などなどなどなど。
“撮る”の先には、頭がクラクラするほど広く、深い世界が広がっているはずです。

“写真ってなんだろう”

そんな果てしない疑問をみんなで一緒に考える場所を作りたいと思い、
ON READINGのふたりと「写ベリ場」という会を始めることにしました。

この会では、写真の撮影テクニックやカメラの話はほとんどしません。
毎回写真にまつわるいろんなテーマをいっしょに考え、本を読んだり、写真集を見たりします。
そして各自が撮ってきた写真を持ち寄って、みんなで見ながら話し合います。

写真が好きでたまらない人、いつか写真展を開いてみたい人、そして、もっと写真のことを知りたい人。
いっしょに写真のことをしゃべりませんか。

江本典隆(えもと・のりたか)
1978年静岡生まれ。出版社で働きつつ、写真家・元田敬三氏に学び、写真活動を始める。 2014年、写真集「ロマンスカー」(書肆サイコロ刊)発売。 森岡書店・書肆サイコロ・ON READING・circle gallery他で個展開催。


《各回のおおまかなテーマ》

第一回:6月27日(土)
■みんなの写真
・オリエンテーション
・写真というメディアの特徴
・写真を撮ること、見ること、見せること
・インプットがなぜ必要か

第二回:7月25日(土)
■写真と言葉
・写真は言葉にできるか
・なぜ言葉にしたいのか
・自分の写真を言葉にしてみる。
・他者の写真を言葉にしてみる。

第三回:8月29日(土)
■写真史にふれてみよう
・過去の名作を知るとわかること
・名作&最新写真集に触れる
・現在も写真史の一部

第四回:9月26日(土)
■“作品”ってなんだろう。
・“写真作品”と“作品じゃない写真”に違いはあるのか。
・撮った写真はいつ“作品”に?
・あなたの好きな写真家の作品の魅力について

第五回:10月24日(土)
■写真展(個展)を開くなら
・展示をするということ
・個展とグループ展
・額装を考える
・さまざまなギャラリー
・いつか写真集を作るなら


≪ワークショップ募集要項≫

開催:2015年6月~ 日程は上記参照 20:00~22:00
参加費:全5回 10,000円税込 (初回参加時にお支払いいただきます。)
※原則、お客様都合での途中キャンセルに対する返金は致しかねます。
対象:写真作品の制作に興味がある方・写真にもっと深く関わりたい方
   毎回自分が撮ってきた写真を持ってこれる方(枚数自由)
   普段、写真を撮られていて、もう一歩先にいきたい方におすすめです。
定員:5名 (応募者多数のため、志望動機等で選考させていただきます。)
申込締切:6月12日
下記、申込みフォームよりお申込みください。 受付を終了いたしました。

2015-05-23 | Posted in Event, News/New InComments Closed 

 

CITY(S)&PARK(S) KIOSK BY KAKUOUZAN LARDERに出店します。

kiosk

名古屋パルコで開催される、SOCIAL TOWER PROJECT×KAKUOZAN LARDERさんの企画『CITY(S)&PARK(S) KIOSK BY KAKUOUZAN LARDER』に当店も参加させていただくことになりました。

ON READINGは、5月24日(日)の12:30頃から出店します。お隣は、こちらもいつもお世話になっている素敵なボタニカルショップ、ATELIER MITIKUSAさんです。

日替わりで様々なイベントや出店があるので、ぜひお立ち寄りください。

CITY(S)&PARK(S) KIOSK BY KAKUOZAN LARDER 2nd Season(s)
5月21日(木)~28日(木)
https://www.facebook.com/KakuozanLarder?fref=photo
場所:名古屋PARCO東館西口 名古屋市中区栄3-29-1
時間:11:00-20:00

EVENT SCHEDULE

22日(金) KIOSK NIGHT MARKET 17:00~
✴︎台湾移動販売 タイワンシャオツー(Taiwanese foods)
♫ライブ 小池喬 18:30~

23日(土)GARAGE SALE
•KOCHAB (botanical &garden)
•fro•nowhere with IG (clothe & goods etc.)

24日(日)GARAGE SALE
•ATELIER MITIKUSA (flower&green)
•ON READING (books &goods etc.)

25日(月)
???

26日(火)Tacos night! 17:00~
✴︎Los novios
•DAISY MESSENGER(bike repair etc.)

27日(水)KIOSK NIGHT MARKET 17:00~
✴︎台湾移動販売 タイワンシャオツー(Taiwanese foods)
•IZAURA (vintage &antique etc.)
•MINI unlike.(clothe&SAKE)

28日(木)
???

2015-05-21 | Posted in EventComments Closed 

 

Little Wings JAPAN TOUR 2015 in Nagoya

pan's-seal

フォーキーでメロウ、シンプルなサウンドと、独特の柔らかな歌声、メロディーが同居するオルタナティブ・カントリー・ミュージック!

ミュージシャンであり、絵描きであり、サーファーでもあるカイル・フィールドのソロ・プロジェクト、Little Wings(リトル・ウィングス)が来日します!あのウィル・オールダムをして「史上最も素晴らしいレコードの一枚」と言わしめたアルバム『Light Green Leaves』など、次々と大傑作の音源をドロップし続ける彼。また彼の描く、不思議で愛らしいドローイングは、サンフランシスコのサーフ・ショップ、モラスクの商品や、mooolsのアルバム『ウェザー・スケッチ・モディファイド』のカバー・アートにも使われています。当日、彼のドローイング作品も観られるかもしれません。(カイルのHP:http://www.kyledraws.com/

とにかく、本当に素晴らしい、素敵なアーティストですので、もしご存知ないという方もぜひチェックしてみてください。デヴェンドラ・バンハートやマック・デマルコ、スフィアン・スティーヴンス、ニール・ヤングあたりが好きな方は絶対グッとくるはずです。

そして名古屋公演では、聴く人みんなを虜にする、小鳥美術館が共演します。こちらもずっと、当店でのライブを懇願していた大好きなデュオ。

本当にお見逃しなくですよ~!!

Little Wings JAPAN TOUR 2015 in Nagoya
5月23日(土)
会場:ON READING
出演:リトル・ウィングス、小鳥美術館
開場:6:30pm/開演 7:00pm
料金:2,000円 *ドリンク代別
予約:下記フォームよりお申込ください。 定員に達したので受付を終了しました。
主催:ON READING
協力:7e.p.、Sweet Dreams Press、P-VINE RECORDS、space eauuu(神戸)、藤沢千史(松本)
その他の地域のライブ予定はこちら↓
http://www.sweetdreamspress.com/2015/04/little-wings-japan-tour-2015.html

yoyaku

定員に達したので受付を終了しました。

尚、お客様都合でのキャンセルの際は、必ずご連絡ください。
※下記、キャンセル規約に基づき、キャンセル料が発生しますのでご了承ください。
イベント当日より8日以上前のキャンセル…無料
イベント当日より7日~前日のキャンセル…入場料の50%
イベント当日/無断キャンセル…入場料の100%


2015-04-22 | Posted in Event, News/New InComments Closed 

 

森、道、市場2015に今年も出店します。

mori

蒲郡のラグーナビーチ(大塚海浜緑地)にて、5月8日~10日まで開催される『森、道、市場2015』に出店します。当店は、LIVERARYブースで、5月9日と10日に参加です。(5月9日、10日は店舗は臨時休業とさせていただきます。)
http://liverary-mag.com/art/24708.html

昨年よりもさらにボリュームもクオリティもアップしているそう。

とにかくコンテンツが凄いので、詳細はHPをご覧ください。
http://mori-michi-ichiba.info/index.php

チケットもそろそろ完売間近みたいですよ~。

森、道、市場2015
会場:大塚海浜緑地(〒443-0014 愛知県蒲郡市海陽町2丁目39番)
会場住所:愛知県蒲郡市海陽町2丁目39番
※ラグーナ蒲郡を目指してお越しください。ラグーナ蒲郡に面する海浜緑地が会場です。

2015-04-30 | Posted in Event, News/New InComments Closed 

 

SUNDAY MORNING ISSUE SPECIAL : フラクタル:線をえがく / 木の考察

sundaymorning1

毎月第3日曜日の午前中はON READINGの小さな試み、『SUNDAY MORNING ISSUE』の時間です。
ゆっくり珈琲を飲みながら何か考えてみたり、ちょっと手を動かしてみたり。ときにはワークショップやクラスだったり。本屋という考えを巡らす装置の中で、日曜日の朝を過ごしてみませんか?

今回は特別編!
画家の狩野岳朗さんをお迎えしてのワークショップ『フラクタル:線をえがく / 木の考察』を開催します。

SUNDAY MORNING ISSUE SPECIAL
5月17日(日)『フラクタル:線をえがく / 木の考察』
時間:10:00 – 12:00 (10:00にON READINGで集合)
料金:2,000円
定員:5名
※雨天時はON READING店内で開催します。
予約:こちらからお申込ください→ http://onreading.jp/exhibition/kt/

近くの里山に出向いて、遠くから木を見たりルーペを使ってその木の一部を見たり、手のしわを見たりして木の形や線を考察し相似形を探ったりスケッチをします。

2015-04-18 | Posted in EventComments Closed 

 

おいしいにちよう市 O p e n S a n d !! に参加しています。

sand

本日から始まった、スタジオマノマノさんでの「おいしいにちよう市 O p e n S a n d !!」に参加しています。

新鮮な野菜のピクルスやジューシーなハム、こだわりのマスタードやサンドイッチがテーマの雑貨などがズラリと並んでいます。当店は、サンドイッチ・パン関係の書籍や、オリジナルブレンドコーヒーを販売しています。

日替わりサンドイッチ屋さんや、ワークショップもありますので、ぜひチェックしてみてください。

特設サイト:http://www.sundwich.jp/sandwich/

【出店者】
Olives de Luc (ペースト・マスタード・オリーブ)
ピクルス屋 いく農園(ピクルス)
稲垣腸詰店(ハム・ソーセージ・パテ)
SMALLEST SOUP FACTORY(オーガニックスープ)
KATERA (コンフィチュール)
喫茶クロカワ(自家焙煎珈琲)
bonnieux (焼菓子)
KINO (ベーグル)
Crepe. (ビーズアクセサリー)
katachi-gurumi (ボタン・アクセサリー)
松尾ミユキ(イラストレーター/雑貨)
on reading (本)
Sundwich(オリジナルグッズ)

【日替わりサンドイッチ】
月のひなた (4/18)
tititopu (ex.まっきーごはん)(4/25)
円居 (4/26)
GUNA GUNA CURRY (4/29)

【ワークショップ
nokos(4/16)
花果 (4/21)】

「おいしいにちよう市 O p e n S a n d !!」
2015.04.16(木)~04.30(木)
at スタジオマノマノ 名古屋市千種区今池1丁目18−20
open 13:00-20:00
close 4/20(月)&4/27(月)はお休み
http://s-manomano.jugem.jp/

2015-04-16 | Posted in Event, News/New InComments Closed 

 

SUNDAY MORNING ISSUE : 注文の多い本屋さん

sundaymorning1

毎月第3日曜日の午前中はON READINGの小さな試み、『SUNDAY MORNING ISSUE』の時間です。
ゆっくり珈琲を飲みながら何か考えてみたり、ちょっと手を動かしてみたり。ときにはワークショップやクラスだったり。本屋という考えを巡らす装置の中で、日曜日の朝を過ごしてみませんか?

今回は、『注文の多い本屋さん』。

――いらっしゃいませ。ここは「注文の多い本屋」です。
どなたもどうかお入りください。決してご遠慮はありません。
ことに好奇心旺盛なお方は、大歓迎いたします。
当店は注文の多い本屋ですからどうかそこはご承知ください。――

いつもと同じ本屋だけど、普段とは違う、本との出会い方や本の愉しみ方をご提案します。

開催日:2015年4月19日(日)
時間:10:00~11:30
会場:ON READING
料金:500円(コーヒー or 紅茶付) ※要予約
ご予約:下記フォームよりお申込ください。 受付を終了しました。

2015-04-05 | Posted in EventComments Closed 

 

第4回 BOOK DAY とやま に出店します。

BOOKDAYとやま2015

2015年4月26日(日)に富山で行われる『第4回 BOOK DAY とやま』に今年も出店します。

(以下公式HPより)
今回のテーマは、「古本とカレー」。
「古本」と「カレー」──遠いようで、近いようで、やっぱり遠い。関係のなさそうな、このふたつ。
古書の街として知られる神田・神保町が、実は名店の多いカレーの街でもあります。そういえば富山県は人口あたりのカレー屋さんの多い県で、本好きも多い県。本好きにはカレー好きが多い気もして……。
というわけで、今回は恒例の一箱古本市や古本まつりに加え、カレーのお店もたっぷり並びます。

ということですが、当店は新刊とグッズが中心です・・・。

牧野伊三夫さんとたかはしよしこさんのコラボカレーもあったり、堀道広さんと牧野さんの似顔絵屋コーナーもあったり、南陀楼綾繁さんも出店されたり、同じく名古屋のカレー屋バブーシュカさんも出店したりと、とっても楽しそうなイベントです。ぜひご来場ください。

第4回 BOOK DAY とやま
日時:2015年4月26日(日) 10:00 〜 17:00
会場:グランドプラザ(富山市総曲輪 3-8-39)
公式HP:http://bookdaytoyama.net

2015-03-30 | Posted in EventComments Closed 

 

『毎日を考える vol.4』 「台所と食卓」ーつくるとたべる ー

「台所と食卓」ーつくるとたべる ー

スタジオマノマノで開催中の、『毎日を考える vol.4』「台所と食卓」ーつくるとたべる ー に参加しています。

ーあたり前の毎日のことを改めて考え、感謝できるように暮らしたいー
2011年の大震災の後、思うようになりました。
翌2012年より「毎日を考える」展示を3月に開くことにし、
1回目は「今日も買い物」、2回目は「飲む」、昨年は、台所を少し楽しくする「愉しき台所」。
そして4回目はつくる「台所」と食べる「食卓」をテーマに
おいしく楽しくなる道具や食器などを集めました。
ひとつひとつ手に取ってゆっくりご覧になっていただければ嬉しいです。
日ざしが明るくなる3月、どうぞお出かけください。

出展者
・掛江祐造(陶器)愛知
・カゴアミドリ(世界のかご)東京
・加藤仁志(陶器) 岐阜
・川合 優(木工) 岐阜
・川端健夫(木工)滋賀
・キタムラマサコ(再生ガラス)千葉
・小泉硝子製作所(医療用ガラス)東京   
・鈴木史子(陶器)愛知   
・ツゲ製作所(布物)愛知
・ふくなり(木工) 愛知
・ON READING(本)愛知
・Bowl Pond Products (鉄)大阪
・mabo(エプロン) 愛知
・lawny(エプロン、バッグ) 東京  
・にちよう市セレクト (保存食など)
_________________________________________________________________

mamedoi 一日喫茶
日時:3月8日(日) 13:00~18:00
愛知県半田市にて珈琲豆の焙煎をされている「mamedoi」さんが来てくれます。
豆の販売もあります。ちょっとひといき、おいしい珈琲でくつろいでください。
http://mamedoi.tumblr.com/

mamedoiさんの珈琲とともに「nokos」、のこさんのおやつも届きます。
ぜひ一緒に召し上がってください。
_________________________________________________________________

『毎日を考える vol.4』「台所と食卓」ーつくるとたべる ー
会期 : 2015年3月1日(日)〜15日 (日)
営業時間:12:00〜19:00 会期中水曜日休み
会場:スタジオマノマノ 名古屋市千種区今池1-18-20 伊藤ビル1F
http://s-manomano.jugem.jp/

2015-03-01 | Posted in EventComments Closed