2016-05

鬼頭祈 個展 『little story』

inori_main
鬼頭祈 個展 『little story』
2016年6月29日(水)〜 7月11日(月)
作家在廊日:6月29日(水)16:00~20:00 / 7月3日(日)終日

おやゆびひめ、一寸法師、しらゆきひめ、小人のくつや…時代や国に関係なく、なぜだか昔話にはひょっこり小人が登場します。今回の展覧会では、小人と物語をテーマにした新作日本画作品、グッズのほか、会場限定の’リトルピープル読書セット’を販売します。会場は池袋ブックギャラリーポポタムと、名古屋の ON READING 。本がいっぱいのお店に、小人たちがお邪魔します。物語の中に迷い込んだ小人たちを、本のページをめくるようにそっと覗いてみてください。

イベント:鬼頭祈 似顔絵屋「お皿に描く小人にがおえ」
7月3日(日)13:30〜18:30
料金:お一人さま 3000 円+税 (所要時間30分程度)
予約:下記フォームよりお申し込みください。 ※定員に達しましたので、受付を終了いたしました。
その場で、お皿に小人とお好きなモチーフを描きます。ご自宅のオーブンレンジ(オーブントースターでも可)で焼き付けていただくと、世界に一枚だけのお皿が出来上がります。
※通常の小人似顔絵(ハガキサイズ)をご希望の方はお問い合わせ下さい。

sara
※画像はイメージです。

鬼頭祈 Inori Kito
1991 年静岡生まれ。京都造形芸術大学 日本画コース卒業。日本画の画法を生かし、広告、ファッション誌など多方面で活動中。主な個展に、「little people」pixivZingaro(中野)等。第190 回ザ・チョイス入選(江口寿史氏審査)。
http://inorikito.tumblr.com/

mousikomi

※定員に達しましたので、受付を終了いたしました。

尚、お客様都合でのキャンセルの際は、必ずご連絡ください。
※下記、キャンセル規約に基づき、キャンセル料が発生しますのでご了承ください。
イベント当日より8日以上前のキャンセル…無料
イベント当日より7日~前日のキャンセル…入場料の50%
イベント当日/無断キャンセル…入場料の100%

2016-05-25 | Posted in PastComments Closed 

 

OKATAOKA solo exhibition 『NOT ONLY SLEEPING』

okaDM

OKATAOKA solo exhibition 『NOT ONLY SLEEPING』
2016年6月8日(水)〜 6月27日(月)
(※配布中のチラシの日程に誤りがございました。上記が正しい期間になります。)

イラストレーター・オカタオカによる個展巡回展「NOT ONLY SLEEPING」をON READING(名古屋)、TOKYO CULTUART by BEAMS(東京)の2会場で開催します。

本展は本業でもあるイラストレーションだけにとどまらず、石へのペイント、陶器、木彫り、張子と幅広く制作意欲を解放させたラインナップは、どれもオカタオカの描くキャラクターの持つ暖かさを感じる事が出来、家のどこかに置いておきたくなるものばかり。本展に合わせて出版となるZINE『(I was) NOT ONLY SLEEPING e.p』(ELVIS PRESS刊)の販売もします。

どうぞご期待ください。

SPECIAL EVENT
オカタオカの動物ペーパーウェイト屋さん

日程:2016年6月25日(土)
時間:13:00~18:00
料金:3,000円(1個:所要時間30分程度)
ご予約優先:下記フォームよりお申し込みください。  ※定員に達しましたので受付を終了いたしました。

オカタオカがその場で、お客様の好きな動物を石に描いてペーパーウェイトにします。
(要望があれば文字も)

pw

OKATAOKA オカタオカ
1986年生まれ。宮崎県出身、東京都在住。 2011年桑沢デザイン研究所デザイン専攻科卒業後、イラストレーターとして活動を始める。 主に書籍や雑誌の挿絵、ミュージシャンのグッズ,フライヤーのアートワークを手がける。 バンド『水中図鑑』としても活動。
http://momonga-pyonpyon-magazine.blogspot.jp/

2016年6月8日(水)〜 6月27日(月)
ON READING
名古屋市千種区東山通5-19 カメダビル2A
052-789-0855
営業時間 12:00〜20:00 (火曜日定休)
www.onreading.jp

2016年7月1日(金)〜 7月13日(水)
TOKYO CULTUART by BEAMS
渋谷区神宮前3-24-7-3F
03-3470-3251
営業時間 11:00〜20:00 (木曜日定休)
www.beams.co.jp

mousikomi

※定員に達しましたので受付を終了いたしました。

 

尚、お客様都合でのキャンセルの際は、必ずご連絡ください。
※下記、キャンセル規約に基づき、キャンセル料が発生しますのでご了承ください。
イベント当日より8日以上前のキャンセル…無料
イベント当日より7日~前日のキャンセル…入場料の50%
イベント当日/無断キャンセル…入場料の100%

2016-05-05 | Posted in PastComments Closed 

 

長場雄『みんなの映画100選』フェアを開催中です。

eiga100top

長場雄『みんなの映画100選』フェア
2016年4月29日~6月上旬予定

イラストレーター長場雄による、なめらかな黒い線で表現される映画のワンシーンと、その映画にでてくるセリフを紹介、解説していく絵本のような書籍『みんなの映画100選』(オークラ出版)の刊行を記念して、フェアを開催中です。

書籍、作品集の他、シルクスクリーン額装作品やTシャツ、トートバッグを展示販売しております。

長場 雄
1976年東京生まれ。東京造形大学卒業。人物の特徴を捉えたシンプルな線画が持ち味で、広告、書籍、パッケージデザイン、アパレルなど幅広く活動中。2015年に初の作品集『I DRAW』を発表した。主な仕事に、雑誌『POPEYE』表紙イラスト、TOYOTA Line スタンプ、BeamsコラボT シャツなどがある。また、キャラクター「かえる先生」の生みの親としても知られている。
http://www.nagaba.com/

nagaba

2016-05-02 | Posted in News/New InComments Closed 

 

2016/5/14 – 5/18 臨時休業&『森、道、市場2016』出店のご案内

rinji

【臨時休業のご案内】
2016年5月14日(土)~18日(水)の期間、誠に勝手ながら臨時休業とさせていただきます。
ご迷惑をお掛けいたしますが、よろしくお願いいたします。

尚、5月14日(土)、15日(日)は、愛知県蒲郡市で開催される『森、道、市場2016』に出店します。
ぜひご来場くださいませ。出店場所は、LIVERARYエリアの1~2番です。

森、道、市場2016
2016年5月13日(金|前夜祭)、5月14日(土)、15日(日)
会場:大塚海浜緑地(ラグーナビーチ)愛知県蒲郡市海陽町2丁目39番
http://mori-michi-ichiba.info/

2016-05-11 | Posted in Event, News/New InComments Closed 

 

The Narcissistic City / Takashi Homma ホンマタカシ

20160409_e1c112

The Narcissistic City / Takashi Homma ホンマタカシ
ご購入はこちら→ http://artlabo.ocnk.net/product/5142

サイン入り。

多数のコンセプチュアルな写真作品を発表し続けている、日本を代表する写真家、ホンマタカシによる最新作品集。

都市にある建築物が捉えた、日本とアメリカの都市の風景。「都市によって都市を撮影する」と本シリーズを形容するホンマタカシが用いたのが、写真の原点とも言える”カメラオブスキュラ”である。

その原始的な撮影手法により切り取られたのは、ありのままの風景とは異なる都市に潜む影の群像。独特に重なり合う光と影が映り込んだ都市の姿は、まるでナルキッソスが水に映る自分の姿の美しさに見とれたというギリシャ神話の一節ように、通常のカメラの鮮明さが欠落したからこそ現れる自己陶酔的なイメージをはらんでいる。

20160409_18f5d3

20160409_272ffb

20160409_a4659e

2016-05-05 | Posted in News/New InComments Closed 

 

Cy Twombly Photographs: Lyrical Variations 『サイ・トゥオンブリーの写真-変奏のリリシズム-』

20160501_8ebbd2

Cy Twombly Photographs: Lyrical Variations 『サイ・トゥオンブリーの写真-変奏のリリシズム-』
ご購入はこちら→ http://artlabo.ocnk.net/product/5178

DIC川村記念美術館にて開催の「サイ・トゥオンブリーの写真-変奏のリリシズム-」展のカタログ。

サイ・トゥオンブリー(1928-2011)は、落書きのような独特の作風で知られるアメリカの芸術家です。ギリシャ・ローマの神話や古典を好んで詩的な作品を次々に生み出し、21世紀の美術にも影響を与えました。晩年はルーブルの天井画を手がけるなど、その創作は移住先のローマで逝去するまで続けられました。本展覧会ではトゥオンブリーの初期から晩年の写真約100点を核とし、絵画・彫刻・素描・版画が一堂に会し、本書はすべての出品作を網羅した作品集となっています。

17世紀パラッツォの一室、机に積まれた書籍や壁に立てかけられた絵のあるアトリエ、マーブルテーブルの上の果物や朽ちていく花、そしてティレニア海の穏やかな眺め。サイ・トゥオンブリーが被写体とするのは、彼の日常を象るモノや風景です。淡い光のなかに現れるその光景は、記憶に沈底する映像のようにおぼろげで、現実の世界を写しながら、幻影を見せられているような憧憬を抱かせます。色彩とフォルムが互いの境界線を曖昧にすることで、実態を欠いた写真の像は、視覚から解放された拡がりと緩やかさを供して、チューリップが彫刻へ、静物が風景へと、その態を軽やかに変容しながら、見る者の彷徨と私的な思索を導きます。

20160501_999f5f

20160501_59ca32

20160501_47617c

2016-05-05 | Posted in News/New InComments Closed