2015-11

塩川いづみ 個展 『(between) YOU & ME』

shiokawa_top

塩川いづみ 個展 『(between) YOU & ME』
2015.12.16.wed – 2016.01.11.mon
※作家在廊:12.16.wed 12:00~19:00
※年末年始の休業:12/31、1/1、1/5~7は休業とさせていただきます。12/29(火)は営業します。

塩川いづみ作品集『(between) YOU & ME』(ELVIS PRESS刊)の刊行記念展を、名古屋、東京、大阪で開催します。

本作は、飼い主とペットをテーマにしたポートレート集。人と動物。時に相棒のような、子どものような、恋人のような、親友のようなかけがえのない存在。「あなた」と「私」の間には、傍からみると笑ってしまうような濃密な時間と、ふたりだけの物語が詰まっています。塩川はこれまでに、猫の姿だけを集めた「CATS」、女性の様々な表情をとらえた「SHE」など、シンプルでいながら多彩な感情を想起させる魅力的なポートレートのシリーズを発表。本作では、「あなた」と「私」のふたりの関係を想像しながら、それぞれのいとおしい表情、姿を描きました。

塩川いづみ Izumi Shiokawa
多摩美術大学グラフィックデザイン科卒。 東京在住。
広告、雑誌、商品などで活動するほか、展示会で作品の発表もしている。
最近の仕事に、京都一保堂茶舗やCLASKA shop&galleryDOのオリジナル商品、
きものやまと『DOUBLE MAISON』のイラストレーションなど。
http://shiokawaizumi.com

2015-11-21 | Posted in PastComments Closed 

 

Shoji Ueda / 植田正治

ueda

『Shoji Ueda / 植田正治』
ご購入はこちら→ http://artlabo.ocnk.net/product/4965
1,200部限定発行
初回入荷特典:ポストカード付

日本写真界における最も傑出した存在の一人であり、“Ueda-cho”(植田調)という言葉がヨーロッパのフォトアート界の共通語になるほど、その構図や題材、色調の独自性が世界に知られた写真家、植田正治(1913-2000) の作品集。

植田正治は生まれ故郷である日本海沿岸、鳥取地方に対する深い愛着を終生失わず、作品の大多数にはその故郷が背景として用いられている。いわば定住型の冒険家であった作者は、季節の移ろいにあわせて表情を変える砂丘を飽きずに見て回った。好奇心に満ちた彼の視線は、世界地図、風にそよぐ麦畑、ローラースケートを履いた少年、紀枝夫人の華奢なシルエットなど、周囲のあらゆるものに向けられた。散策に出ないとき、作者は季節の果物やガラクタ、つまりそこらで見つけた小さな宝物で構成した静物写真を撮った。

本書は、植田正治に捧げられた初の3ヶ国語版(和・英・仏)モノグラフ写真集であるとともに、彼のモノクロおよびカラーの未発表作品を数多く収録したものである。

更に出版社たっての希望により、作家の堀江敏幸氏(『雪沼とその周辺』『熊の敷石』など)から、植田正治の卓越した宇宙と響きあう、本書の為に書き下ろされた短編小説を巻末に収録。

ueda1

ueda2

ueda3

ueda7

ueda8

ueda9

2015-11-21 | Posted in News/New InComments Closed 

 

SUNDAY MORNING ISSUE : 日曜日の朝を待つ もうきた と まだこない

sundaymorning1

毎月第3日曜日の午前中はON READINGの小さな試み、『SUNDAY MORNING ISSUE』の時間です。
(今回は、都合により、第4日曜日の開催です。)
ゆっくり珈琲を飲みながら何か考えてみたり、ちょっと手を動かしてみたり。ときにはワークショップやクラスだったり。本屋という考えを巡らす装置の中で、日曜日の朝を過ごしてみませんか?

今回は、『世界をきちんとあじわうための本』の著者である「ホモ・サピエンスの道具研究会」の方々と『待つ』について味わってみます。

≪ホモ・サピエンスの道具研究会≫
日々の生活とともにある、「研究」のあたらしいあり方を模索するなか生まれた、南山大学に所属する人類学者(山崎剛・木田歩・坂井信三)からなるグループ。

これまでの活動
展覧会|『道具を回路で考えよう』(南山大学人類学博物館/2010)
『「ならんでいる」ということについての研究』(名古屋大学プロジェクトギャラリー「clas」/2012)
『のこりもの 世界の性質:残るということについての研究』(名古屋市民ギャラリー矢田/2013)
書籍|ファン・デ・ナゴヤ美術展2013 記録集『世界をきちんとあじわうための本』(2013)


THIS SUNDAY MORNING ISSUE : 日曜日の朝を待つ もうきた と まだこない

おかげさまで、ここしばらくSUNDAY MORNING ISSUEは、予約で定員がうまる回がつづいています。本来は、たまたま早く起きてしまった日曜日の朝に、ふらっと来ていただくようなイベントなのですが、いつもご参加ありがたいかぎりです。

さて、そんなSUNDAY MORNING ISSUEですが、今回はあえて完全予約制にしたいと思います。なぜなら、それはみなさんに「待つ」という経験をしていただきたいから。予約をした瞬間から、イベントの当日まで。今回のイベントには、はじまる前のそのような時間も含まれているとお考え下さい。

そして、イベント当日は、予約した人だけが入れるひっそりとした店内で、いくつかの待つことと待つことのうちにするいくつかのことを、みんなであじわうことにしたいと思います。ただ、今回も特別なプログラムもなにもありません。それでも構わなければ、待つことがそれほど嫌いではない方、ぜひご予約下さい。


開催日時:11月22日(日)午前10:15~11:30 
受付:午前10:00〜10:15(時間に遅れないようお気を付けください。)
会場:ON READING
料金:1,000円(コーヒーor紅茶付)
定員:8名
ご予約:下記フォームよりお申込ください。

mousikomi

世界をきちんとあじわうための本

2015-11-04 | Posted in EventComments Closed 

 

営業日のご案内:2015年11月3日

【営業日のご案内】

2015年11月3日は、火曜日ですが祝日なので通常営業いたします。

2015-11-02 | Posted in News/New InComments Closed