2015-01

MISSISSIPPI solo exhibition 『Magic Parka』

MISSISSIPPI solo exhibition“Magic Parka”

MISSISSIPPI solo exhibition『Magic Parka』
ミシシッピ 絵本原画展『パーちゃんのパーカ』
2015.02.25.web – 03.09.mon
(03.04.wedは、~16時まで)

mississipi初の絵本「パーちゃんのパーカ」の原画を中心に、そのほかのドローイング、グッズなどを展示・販売します。本展は、メリーゴーランド京都にて、2015年1月に開催した展示の巡回展になります。

mississippi(ミシシッピ)
画家・コミック作家。京都市在住。京大美術部在籍中より平面作品の発表を始める。当時の専攻はアメリカ文学。書籍・CDなどのイラストレーションを手掛ける他、New Galerie(パリ)、Druckdealer(ハンブルク)、トランスポップギャラリー(京都)、ブックギャラリーポポタム(東京)などで個展多数。また、国内外のアーティストとの交流を活かしたコミック・ジン「sinta」、「KyoCo」を主宰、展示やイベントの企画も行う。
http://www.mississippi-kyoto.com/

2015-01-30 | Posted in PastComments Closed 

 

黒坂麻衣 個展 『SILENT LANDSCAPE』

黒坂麻衣個展『SILENT LANDSCAPE』

黒坂麻衣 個展 『SILENT LANDSCAPE』
2015.01.28.wed – 02.09.mon

映画のワンシーンのような美しい眺望を、瑞々しい感性で描き出す画家・イラストレーター、黒坂麻衣の個展を開催します。

黒坂麻衣 Mai Kurosaka
画家・イラストレーター

1986年 青森生まれ
2013年11月作品集「Silent Landscape」刊行(浅草橋天才算数塾)
2012年個展「IMAGES~ここではないどこか」(浅草橋天才算数塾)
2013年個展「Silent LAndscape」(浅草橋天才算数塾)

手がけたしごと
haruka nakamura &青木隼人  フライヤー (ignition gallery)
詩の電車vol.2「結晶」~6人の詩人と6種の鉱石」フライヤー・ポスター (ignition gallery)
Webマガジン「roomie」トップページイラストレーション
ハンカチブランド「swimme」参加
音楽企画「BROOCH企画」ロゴ・フライヤーイラスト
その他 書籍装画・雑誌イラストレーションなど
http://maibou8.wix.com/mai-kurosaka

2015-01-07 | Posted in PastComments Closed 

 

映画「ほったまるびより」+黑田菜月写真集「その家のはなし」

映画「ほったまるびより」+黑田菜月写真集「その家のはなし」

『映画「ほったまるびより」+黑田菜月写真集「その家のはなし」』 限定300部
ご購入はこちら→ http://artlabo.ocnk.net/product/4651

若手映画監督の登竜門的映画祭「MOOSIC LAB2014」の参加作品として、ダンス映像作家の吉開菜央が、シンガーソングライターの柴田聡子とともに作り上げた異色のダンスムービー『ほったまるびより』のDVDと、その世界をまた異なるアプローチで表現した、黑田菜月による写真集のセット作品。

言葉に頼らず「女の子のからだ」と「その動きから生まれる音」によって紡がれる物語は、柴田聡子の奏でる音楽と重なり合いながら、誰も予想しないクライマックスへと加速していきます。

出演する小暮香帆、後藤ゆう、菅彩夏、矢吹唯の4人は、それぞれ話題のダンスカンパニーやソロで活躍する気鋭のコンテンポラリーダンサーたち。さらにヒロインの水女(みずおんな)役には、『装苑』『NYLON』などでモデルとして活躍する織田梨沙を起用。

そんな映画本編に加えて鋭意制作中のフォトブックは、第8回写真「1_WALL」グランプリ受賞者の写真家・黑田菜月による全編撮りおろし。本編の撮影に同伴し、フィルムで捉えられた美しい瞬間の数々は、映画とはまた別の角度から私たちの想像力をくすぐります。

映画「ほったまるびより」+黑田菜月写真集「その家のはなし」

映画「ほったまるびより」+黑田菜月写真集「その家のはなし」

映画「ほったまるびより」+黑田菜月写真集「その家のはなし」

2015-01-31 | Posted in News/New InComments Closed 

 

SONGBOOK / Alec Soth

SONGBOOK / Alec Soth

『SONGBOOK / Alec Soth』
ご購入はこちら→ http://artlabo.ocnk.net/product/4631

「Sleeping by the Mississippi」(Steidl, 2004) が出世作として広く知られ、国際的写真家集団「マグナムフォト」正会員を務めるアメリカ人フォトグラファー Alec Soth(アレック・ソス)の作品集。

本作では2012年から2014年にかけてニューヨークからシリコンバレーへと横断しながら、各州に存在し独自の文化が形成されているコミュニティに集まる人々の生活を撮影したモノクロ作品を収録。

これまで「NY TIMES」や自身のレーベル「Little Brown Mushroom」でのタブロイド・シリーズ「THE LBM DISPATCH」を通して発表されてきたこれらの作品から根源的な繋がりを求める人間の感情に焦点をあて、本来セットとなっていたテキストを排除し様々な音楽の歌詞と共に再編集。個人主義と繋がりへの希求、それらの間にあるアメリカ人の感情を叙情的に描き出した一冊。

アメリカ・サンフランシスコのギャラリー「Fraenkel Gallery」で2015年2月5日から開催される同名展覧会に併せての発行。

SONGBOOK / Alec Soth

SONGBOOK / Alec Soth

SONGBOOK / Alec Soth

2015-01-28 | Posted in News/New InComments Closed 

 

THIS YEAR’S MODEL / 伊丹豪

THIS YEAR'S MODEL / 伊丹豪

『THIS YEAR’S MODEL / 伊丹豪』800部限定
ご購入はこちら→ http://artlabo.ocnk.net/product/4644

気鋭の写真家、伊丹豪による最新写真集。

何を、どうして、どのように、撮るか、ではなく、なぜ、何が、どうしてそう見せるのかという写真になった後のありようにこそ、彼の対象やまなざしは一貫して向けられている。
彼の写真からは読み取りやすいコンセプトや物語といった要素をダイレクトに感じるとることはない。それは単にコンセプトや意味がないということではなく、撮ること、定着され方そのものに執着することが写すという行為の発動であり、コンセプトになって突き動かされているように見える。切り取るという行為は、見た事がないもの、その先にある物を見てみたいという彼の動機そのものと同調し定着されていく。

彼の作品に見られる透過、反射、反復、レイヤー等が絡み合う写真はまさに写す動機そのものを体現し、イメージとしての意味をすり抜け単に一つのビジュアルの複合体として私たちの前に提出される。今回制作された作品集はこの特徴的な視点を端的に構成することで、ページを開いて行く時の関係性を捨てさり、一枚一枚のビジュアルの持つ力にフォーカスさせる作りになっている。そしてその写真の束をアクリルに単純に挟み込んだようなオブジェクト(作品集)はより写真のイメージをシャープに増幅させ、彼が切り出す作品のありようそのもののようである。

シンプルで建築的なアプローチのデザインはedition.nord秋山伸によるもの。「ENバインディング」という製本方法が用いられ、接着でのみアクリルと本文が製本され、180度の開閉が可能。

THIS YEAR'S MODEL / 伊丹豪

THIS YEAR'S MODEL / 伊丹豪

THIS YEAR'S MODEL / 伊丹豪

2015-01-26 | Posted in News/New InComments Closed 

 

NINE SWIMMING POOLS AND A BROKEN I PHONE / ホンマタカシ

NINE SWIMMING POOLS AND A BROKEN I PHONE / ホンマタカシ

『NINE SWIMMING POOLS AND A BROKEN I PHONE / ホンマタカシ』第2版・限定200部
ご購入はこちら→ http://artlabo.ocnk.net/product/4622

ホンマタカシの最新写真集は、エド・ルシェの写真集『Nine Swimming Pools and a Broken Glass』のオマージュ。

本作は、ホンマタカシ、デザイナー・田中義久、POST・中島佑介の共同プロジェクトにより、エド・ルシェへのオマージュ第一弾として発表されたもの。

ホンマタカシによるプールを撮影した作品群をルシェの[NINE SWIMMING POOLS]に忠実に倣って編集し、一冊の本として仕立てることで、アーティストブックの金字塔として存在しているルシェの作品群への「返歌」を試みています。

NINE SWIMMING POOLS AND A BROKEN I PHONE / ホンマタカシ

NINE SWIMMING POOLS AND A BROKEN I PHONE / ホンマタカシ

NINE SWIMMING POOLS AND A BROKEN I PHONE / ホンマタカシ

2015-01-06 | Posted in News/New InComments Closed 

 

1/11(日) 営業時間のご案内

【営業時間のご案内】

1/11(日)はイベントのため、通常営業は16時までとさせていただきます。

 

よろしくお願いいたします。

2015-01-09 | Posted in News/New InComments Closed 

 

3月4日(水) 津田直 トークイベント 『NAGA』

津田直トークイベント『NAGA』

津田直トークイベント『NAGA』
日程:2015年3月4日(水)
時間:19:00開場 19:30開演 21:00終了予定
会場:ON READING
定員:35名(要予約)
参加費:1,500円(ドリンク付)
予約:下記予約フォームよりお申込みください。  定員に達しましたので受付を終了いたしました。
問い合わせ tel:052-789-0855(12:00〜20:00 火曜休)
※トーク終了後、写真集のサイン会も開催予定

津田直写真集[NAGA](limart刊)の刊行を記念して、トークイベントを開催します。

津田はインドとの国境に近いミャンマー北西部のザガイン管区へ2度にわたり訪問しました。
そこではナガ族が独自の文化形態を重んじながら暮らしています。

トークイベントのスライドショーには撮影の傍らでコンパクトカメラにて撮影された写真を上映し、写真の裏にひそむナガ族の実情を目の当たりにして感じたことや印象に残ったエピソードなどを中心に語って頂きます。

お誘い合わせのうえご参加ください。

naga

写真集の詳細はこちら→ http://artlabo.ocnk.net/product/4655

津田直
1976 年神戸生まれ。ファインダーを通して古代より綿々と続く、人と自然との関わりを翻訳し続けている写真家。2001 年より国内外で多数の展覧会を中心に活動。主なシリーズに、『近づく』(2001-2004)、『漕』(2005-2009)、『SMOKE LINE』(2008)、『果てのレラ』(2009)、『Storm Last Night』(2010)、『REBORN』(2010-)、『Earth Rain House』(2012)がある。また最近では、現代美術のフィールドを越えて他分野との共同制作や雑誌連載、講演会、特別授業を行うなど活動は多岐にわたる。2010 年、芸術選奨新人賞(美術部門)受賞。主な作品集に『漕』(主水書房)、『SMOKE LINE』(赤々舎)、『Storm Last Night』(赤々舎)がある。2014 年にフィールドワークから生まれた写真集第一弾『SAMELAND』(limArt)を上梓。大阪芸術大学客員准教授、大阪経済大学客員教授。
http://tsudanao.com

yoyaku

定員に達しましたので受付を終了いたしました。

尚、お客様都合でのキャンセルの際は、必ずご連絡ください。
※下記、キャンセル規約に基づき、キャンセル料が発生しますのでご了承ください。
イベント当日より8日以上前のキャンセル…無料
イベント当日より7日~前日のキャンセル…入場料の50%
イベント当日/無断キャンセル…入場料の100%

2015-01-23 | Posted in EventComments Closed 

 

ポイントカードはじめました。

orpc

貯めてお得なポイントカードはじめました。(店頭販売のみ)
是非ご利用ください。

2015-01-04 | Posted in News/New InComments Closed 

 

ご予約ありがとうございました。

 

ご記入いただいたメールアドレスに自動配信メールをお送りしております。

自動配信メールが届かないときは、以下の場合が考えられます。

*迷惑メール設定をしているため
→ info@elvispress.jp からメールが届くように設定し、備考欄に「再申し込み」と記入し再度お申込みください。

*メールアドレスの記入間違い
→ 備考欄に「再申し込み」と記入し再度お申込みください。

お電話でもご確認いただけます。 052-789-0855(ON READING)
営業時間 12:00~20:00 火曜定休

尚、お客様都合でのキャンセルの際は、必ずご連絡ください。
※下記、キャンセル規約に基づき、キャンセル料が発生しますのでご了承ください。
イベント当日より8日以上前のキャンセル…無料
イベント当日より7日~前日のキャンセル…入場料の50%
イベント当日/無断キャンセル…入場料の100%

2015-01-23 | Posted in News/New InComments Closed