2013-06

ONTARIO No.1

ONTARIO No.1

写真家の高橋ヨーコ、編集者・コーディネイター・写真家の武藤彩、グラフィックデザイナーの穂積吉恵によってケープコッド、ロサンジェルス、そしてニューヨークから共同発信されるビジュアル・ジャーナル『ONTARIO』。

第1号の注目はアメリカの南部3州と東海岸にある都市です。その他気になったりインスピレーションを受けたもの、人、場所のビジュアルレポートです。私たちの目に興味深く映った情景が喜ばれることを願って。

ON READING Online Shop >> ONTARIO No.1

 

2013-06-21 | Posted in News/New InComments Closed 

 

Exhibition 『Take me to those nights』 Rie SUZUKI 始まりました。

suzukirie_tenji

http://onreading.jp/exhibition/suzuki_rie/

2013-06-20 | Posted in News/New InComments Closed 

 

古川日出男(小説家)×柴田元幸(翻訳家)朗読&トークライブ『読む文字と聴く言葉』

古川日出男(小説家)×柴田元幸(翻訳家)朗読&トークライブ『読む文字と聴く言葉』

デビュー15周年の記念作品『南無ロックンロール二十一部経』を上梓されたばかりの小説家・古川日出男さんと、英米文学の名翻訳家・柴田元幸さんによる朗読&対話ライブ。
雨の日に、とことん文字と言葉について考え、感じましょう。

——
古川日出男(小説家)×柴田元幸(翻訳家)朗読&トークライブ『読む文字と聴く言葉』
日程:2013.7.6(土)
開場:17時30分 開始:18時
料金:2000円+1ドリンク
定員:35名  終了しました。
場所:ON READING(愛知名古屋市千種区東山通5-19 カメダビル2A)

口にされた言葉は流れ、書かれた文字は留まります。文字を読むためにかかる時間があらたな発見を生み、時間の隔てを超えます。流れてしまう言葉ですが、時として、音楽的な力をおび、体内に留まる言葉があります。
たとえば、古川さんと柴田さんがご出演されている「朗読劇 銀河鉄道の夜」。
そこには、音声だけがもつ妖しい力があり、聴くものは一種の魔法にかかったような状態に陥ります。

そして翻訳について。翻訳は原作との対話であり、語りと声をみつけ、響きやリズムを再現します。
原作者の声を紙の上に書く文字に翻訳することは、限りなく創作に近い営みではと思っています。

お2人による朗読と対話をとおして、
読む文字と聴く言葉、声について、考え、感じたいと思います。

【お申し込み】
ignition.gallery@gmail.com
件名を「読む文字と聴く言葉」として、
お名前・ご連絡先・ご予約人数を明記の上、メールをお送りください。
——
【プロフィール】
古川日出男(ふるかわ・ひでお)

1966年生まれ。小説家。主な著書に『馬たちよ、それでも光は無垢で』(新潮社)、『LOVE』(新潮文庫、三島由紀夫賞)、『ベルカ、吠えないのか?』(文春文庫)、『アラビアの夜の種族』(角川文庫、日本推理作家協会賞・日本SF大賞)『聖家族』(集英社)、『ドッグマザー』(新潮社)など。文学の音声化にも積極的に取り組み、CDブック『春の先の春へ 震災への鎮魂歌/古川日出男、宮澤賢治「春と修羅」を読む』や雑誌付録のDVDなどを発表している。最新作は『南無ロックンロール二十一部経』(河出書房新社)。

柴田元幸(しばた・もとゆき)

1954年生まれ。翻訳家、東京大学教授。訳書にポール・オースター、チャールズ・ブコウスキー、レベッカ・ブラウン、トマス・ピンチョン、アーネスト・ヘミングウェイ、ジョゼフ・コンラッド、エドワード・ゴーリーなど多数。著書に『つまみぐい文学食堂』(角川文庫)『ケンブリッジ・サーカス』(スイッチパブリッシング)など。編著に『モンキービジネス』など。2012年、ポール・オースター著『ブルックリン・フォーリーズ』(新潮社)翻訳。

—-
『雨の日には2013 ~雨雲のむこう、星をおもう~』
http://on-a-rainyday-2013.tumblr.com/

企画:熊谷充紘(ignition gallery

hurukawa_shibata

 

2013-06-12 | Posted in EventComments Closed 

 

Event 追加しました。

amenohiniha

古川日出男(小説家)×柴田元幸(翻訳家)朗読&トークライブ『読む文字と聴く言葉』
詳しくはこちら

2013-06-12 | Posted in News/New InComments Closed 

 

『ベーカリーヒムカ パン画展』 彦坂有紀

hikosaka_kiji

2013/08/07 wed – 08/19 mon
『ベーカリーヒムカ パン画展』 彦坂有紀

木版で描いたパン画を展示します。

会期中の10 日(土)、11 日(日)、16 日(金)、17 日(土)の13 時~18 時で、
木版摺りのワークショップを行います。
ワークショップの予約は不要です。お一人様一回100 円。
所要時間は約15 分。

http://www.hicohan.com/

2013-06-11 | Posted in PastComments Closed 

 

WEBサイトをリニューアルしました。

renew

WEBサイトをリニューアルしました。
過去の展示のアーカイブもぼちぼち上げていく予定です。
今後ともよろしくお願いします。

2013-06-11 | Posted in News/New InComments Closed 

 

『Mad Esule』 林宏樹 写真展

madesule_kiji

2013/07/24 wed – 08/05 mon
『Mad Esule』 林宏樹 写真展

絞り出した非日常と僕の心の中のトラブルによって生まれた作品の集合展。

親友でもなくて、木でもなければ
街でも道でもない。
現状でも無ければ、過去だとも思っていない。
これはある瞬間に、僕の過去からスッと抜け出して、個々に進んで行くもの達。

個々に同じ様に存在するもの達。

通り過ぎて行く日常はきっと新鮮であって、素敵で神秘的。
全てそこに在るって言う平等な在り方で、今、その場にしか存在していないって事がどれだけの事なのか。

習慣の中で、自由になって目を凝らして見ると僕の生きる価値はそこにある。

僕はカメラで習慣に逆らう、習慣を破ろうとしている。
自由なはずなのに、習慣にハマってこのまま終わりへ流れて行くのが怖いと思ったから。

新しい角が立つように、僕は写真で世に、自分にぶつける。

ハイブリッド フォトエキシビジョン マッド・エシュール

__ 林 宏樹

「写真を買って飾るということ」
詳しくは hayashihiroki.com

2013-06-11 | Posted in PastComments Closed 

 

『人人』 阿部健・小林豊

abe_kobayashi_kiji

2013/07/03 wed – 07/22 mon
『人人』  阿部 健 ・ 小林 豊

 

やさしい歌のゆれる
本やの片すみで

たあいのない話を
語りあおう

 

阿部 健 TAKESHI ABE
1980年、神奈川県生まれ。日本写真芸術専門学校2部 報道・芸術写真科卒業。
複数のカメラマンのロケアシスタントとして働いたのち、平野太呂氏に師事。
2009年からフリーフォトグラファーとして活動を開始。
www.takeshiabe.com

小林豊 YUTAKA KOBAYASHI
1980年、愛知県生まれ。これまでの写真集に『Goodbye,Blue Monday』(ELVIS PRESS)、『みんな君がしたこと』(ELVIS PRESS)、『reminiscences』(self publishing)がある。今回の展示では新作『僕は歩いていた 風のなかを』を発表。
supported by rainroots

 

hitohito1

hitohito2

hitohito5

hitohito4

hitohito8

hitohito6

hitohito3

hitohito7

2013-06-11 | Posted in PastComments Closed 

 

『Take me to those nights』 Rie SUZUKI 鈴木理恵

suzukirie_kiji

2013/06/19 wed – 07/01 mon
『Take me to those nights』 Rie SUZUKI

CLOSING PARTY
06/30 sun 18:00-20:00

現在、東京を拠点に活動している写真家、鈴木理恵の写真展。
本個展は、2012年9月・金沢NEW ACCIDENT、2013年1月・東京NO.12 GALLERYにて行われた展示の巡回展となります。それぞれの展示会場で変化する、前回の展示とはまた違った展開をお楽しみください。
会場では今回の展示と同タイトルのZINEも発売致します。

今はもうない家の木も、遠い国の剥製も、
数年前の出来事も昨日の出来事も、
写真の中ではどちらも撮影された時のまま存在し続ける。

だがその一秒先のことは誰にもわからない。

しかし私達は、その一枚の写真の中の断片的な情報から、
その写真の中で起きた出来事やその後を想像する。
それはまるで五次元の世界に広がるパラレルワールドの様である。
私を含めた写真を見る人それぞれが思う、現実とは違う一秒先の未来。

それは鑑賞者の頭の中の創造性や経験から生まれる世界であり、
いくつもの人々の過去と私の写真が未来をつくりだすのである。

私は、未来の私あるいはあなたにその写真の未来を託す。

そしていま目の前にある現実が、いくつもの可能性のある未来を指し示す一部であることを写真を通して感じ続けたい。

_____鈴木理恵

鈴木理恵プロフィール:
1986年 愛知県生まれ。現在、東京を拠点に活動。
2010年 武蔵野美術大学大学院 造形研究科写真コース修了後、写真家として活動を始める。
www.rie-suzuki.com

Solo Exhibition:
2009 “because it was middle of the night”, NO.12 GALLERY / Tokyo-Japan
2009 “savage mind”, ars gallery / Tokyo-Japan
2007 “my own mute”, Photo Gallery International / Tokyo-Japan

selected exhibition:
2012 “J NOT B COVER”, Cazahana / Kanazawa-Japan

suzukirie-2

suzukirie-3

suzukirie-1

2013-06-11 | Posted in PastComments Closed 

 

『ふたりのジカン』  こたに千絵 ・ 宇都宮望

huratinojikan_kiji

2013/06/05 wed – 06/17 mon
『ふたりのジカン』  こたに千絵 ・ 宇都宮望

同じ時間 違うジカン。
それぞれの目に写る景色を楽しんでください。

こたに千絵プロフィール:
1987年12月うまれ。
農学部在学中に講談社フェーマススクールズを受講、大学卒業後から創作活動を開始。
くすりとするような温かい絵を心がけています。
http://chie1000.jimdo.com/

宇都宮望プロフィール:
1987年6月うまれ。
名古屋造形大学でデザインを学び、大学卒業後から創作活動を開始。
観てくれた方が優しい気持ちになれる絵を描いていきたいです。
http://nozo-6.jp/

2013-06-11 | Posted in PastComments Closed 

 

過去の展示

【2013】
2013.04.27-05.13 nakabanの旅するブックシェルフ
2013.04.03-04.22 植本一子 個展 『夏秋冬』
2013.03.20-04.01 井亦貴恵 個展 『おくのおくのきおくから』
2013.03.06-03.18 よしいちひろ × sous le nez 2人展 『7人の女』
2013.02.06-02.18 コガアキコ個展 『ひといきで』
2013.01.23-02.04 伊丹 豪 『sktnkyshi』
2013.01.05-01.21 小野友美 『fork,swing,northern fish』

【2012】
2012.12.08-12.30 會本久美子 個展 『わたしのかざりつけ』
2012.11.22-12.06 植本一子 写真展  『2012』
2012.10.03-11.19 松井一平 個展 『せいれつ』
2012.10.05-10.28 野川かさね 写真展 『Mountain is mountain』
2012.09.05-10.01 山口洋佑 個展 『invisible lady』
2012.08.22-09.03 川上貴士 個展 『窓景。』
2012.08.01-08.12 土屋さやか と a [スモールエー]
2012.07.11-07.30 ガラスとヒカリ イイノナホ ペーパーウエイトブック 出版記念展
2012.06.20-07.09 makomo exhibition 『 ひょっこり 』
2012.06.06-06.18 太田昌宏 写真展 『 海 か ら 川 へ 』
2012.05.23-06.03 mina perhonen 『talk event & textile exhibition』
2012.04.23-05.14 『ファーアウト人生』 鈴木裕之 個展
2012.03.28-04.16 ミシシッピ×上田よう 二人展 「四眼」
2012.03.10-03.26 プチマルシェの里帰り展 ~ヨーロッパのアンティークとフォークロア~
2012.02.15-03.08 HUMANS BY MIKE MILLS ポスター展
2012.01.28-02.13 『REMINISCENCES』 小林豊 写真展
2012.01.05-01.22 フィリップ・ワイズベッカー 『ACCESSOIRES』展

【2011】
2011.12.07-12.26 『ホトフリ島』 田口美早紀 個展
2011.11.23-12.05 『MATCH and Company PHOTO BOOK FAIR』
2011.11.05-11.21 『ミズモトアキラ個展 / スーパーナチュラル・スーパーシリアス』
2011.10.12-10.31 『赤べこ展 名古屋編』
石坂しづか、イナキヨシコ、wool,cube,wool!、會本久美子、おたぐち、おちあやこ、木下綾乃、Goma、すげさわかよ、鈴木裕之、スドウピウ、 セキユリヲ、tupera tupera、TOMOE MIYAZAKI ( STOMACHACHE. )、平賀天紳、廣中大二郎、福田利之、丸山誠司、三木謙次、矢島与萌、山田タクヒロ、山田稔明、吉川英理子、芳野
2011.09.23-10.02 『BETTER NEVER THAN LATE』
ANI、宇川直宏、KEM(DFW)、KILLER BONG、SKATE THING、朱乃べん、YO、Joji Nakamura、新倉孝雄、平野太呂、MOSU、やまなかたかひろ、篠原有司男
2011.08.27-09.19 『sunshine PARK』 sunshine to you ! & fancomi
2011.07.27-08.15 尾柳佳枝『ただよっている』 展
2011.07.06-07.25 happy photo project 『タカラモノ123』
2011.06.06-06.26 『hopeful feelings 』 by Kinya Hanada + Victoria Long
2011.05.18-06.03 『 OMIAI BOOKS 100 』 展
2011.04.27-05.16 田尾沙織 『flor y fiesta, zaragoza』 展
2011.04.13-04.25 三浦智也 写真展
2011.03.19-04.10 落合恵 『 山へいくつもりじゃなかった 』 展
2011.03.19-04.10 ananas press  『 by hand 』 展
2011.02.16-03.07 Mat O’Brien + Brian Gaberman 『How we’re here. Here we are.』
2011.01.26-02.14 伊藤よう子  『いままでのこと これからのこと』 展

2013-06-11 | Posted in PastComments Closed